雨にもまけず粗茶一服  小説

 2004マガジンハウス

  2010ジャイブ(ポプラ社)ピュアフル文庫

 kindle版

 「雨にもまけず粗茶一服/風にもまけず粗茶一服」合本kindle版

武家茶道、弱小流派、東京 vs 京都、

酔狂な茶人たち


03/7/23〜04/2/13の間、「京都新聞」朝刊に連載していた「友衛家の茶杓ダンス♪」を改題。

主人公遊馬(あすま)は、剣道・弓道・茶道を修める武家茶道〈坂東巴流〉の跡継ぎですが、弱小流派を継ぐために厳しい修行をする気はなく、家から逃げ出します。にもかかわらず、京都で若く個性的な茶の湯フリークたちに包囲されてしまいます。茶の湯の魅力を表現したかった作品。

1,若様御出奔の段(わかさまごしゅっぽん)
2,与話情京畳の段(よわなさけきょうだたみ)
3,茶人変化の段(ちゃじんへんげ)
4,年寄衆夢跡の段(としよりどもがゆめのあと)
5,友衛家茶杓箪笥の段(ともえけのちゃしゃくだんす)
6,漸出現茶杓の段(やっとあらわるちゃしゃく)
7,競錦茶会の段(はでくらべにしきのちゃかい)
8,霧中恋路果の段(ゆくえもしらぬこいのみち)
9,和尚遺名筆の段(ぼうずがじょうずにじをかいた)
10, 行馬殿遠大計画の段(イクマ・プライベート・プロジェクト)

カバー装画:大石幸治/装丁:鈴木成一デザイン室
文庫カバー画:柴田ゆう/装丁:松岡史恵



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ