†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
パンク×禁酒×舞台  幸せな話




私の原点の一つでもあるパンクムーブメント、中でも偉大かつ特異な存在であったクラッシュ
です。


クラッシュ自体は後期の方が好きでレゲエを取りいれた頃のが好み
STRAIGHT TO HELL とかRock The Casbah とか、これらはウルトラ級の名作過ぎて
今聞いても感動する。1982年のプラチナアルバム「コンバットロック」好み。
このホワイトレゲエの感覚に近いのが初期の頃のポリス、頭抜けてるよね。




ユーチューブになんと幻のライブ版があったので急遽掲載
これを見ると、ロックとはなんぞやというのが痛いほどわかる。
ロックとは技術でもなくかっこでもなく意思である。
それが強ければ強いほど魂を揺さぶる。


これらは名曲過ぎてベートーベンですら何それ?とすら思える凄まじい名曲中の名曲であり、20世紀最大の・・・・

っえ? もーいい??



そうそうパンクと禁酒であった。

若い頃は聞いていたパンクなんだけどこの25年ほどは聞いてなかった。
それがこの数日突然聞き始めてるんですよ。

何やら呼ばれてるような気がしてね。

今回はあえて初期の頃のパワー溢れるクラッシュをチョイスしたんだけど、これらの曲って
いうのは特に聞くのにハードルがあるんだよね。

なんでかっていうと曲に取りこまれるから。

妖気持ってるから。
力を持つのは言葉だけじゃない、歌も持つんです。

だから病人は聞けない。

嫌、聞いちゃいけない。
重症で入院している患者が牛丼特盛喰うようなもんだから


これに近い感覚なのがローリングストーンズのサティスファククションとか。
余りにも桁違いのパワーを持った曲というのは病んでいる時には聞いちゃいけないんです。

だから飲酒していた25年クラッシュは聞けなかったんだと思う。
本能的にわかってたんだね。


でも今は聞ける。

これらの曲に漲るあふれ出すパワー感を受け止め、かつ自分のものにするだけの内なるエネルギーが
戻ってきたから。

禁酒って結局こーいうことなんだと思う。


人生という舞台。

主演シャナンという舞台、酒におぼれるシーンはもー演じきったんだと、
後は立ち直ったシャナンがどー人生を演じるか?ただし残りの舞台に酒ビンなるものは
一本も残ってないよってことなんだと思う。



体重59.0KG
ベンチプレス55kg10回
チンニング     20回
スクワット(20kg付き)10回
素振り2セット
Will FIT 約分
600M ランニング

1



2010/5/1  7:26

投稿者:シャナン

sosono55さん
多分ピストルズの印象が皆さん強いんだと思います。
ただピストルズにしてもジョンライドン(vo)は不良少年がそのままバンド組んだイメージがありますが、本来は知性の高い母親思いの少年だったという事実があり多分に演じている部分があったかと思います。
ピストルズにしても反薬であり、上の世代のロック、プログレなどに対して意外な事実があります。

まーバンドにとってはそれらのイメージが大歓迎だったのでしょうがw

2010/4/30  21:36

投稿者:SOSONO55

へ〜クラッシュは、そのようなバンドだったんですね。了解しました。
アドリアーノさんとのやりとり、自分も加わりたいのですが、未読なので、ちょっと先になりますが追っかけますね。

http://blog.livedoor.jp/sosono55bundan/

2010/4/30  13:34

投稿者:シャナン

あの場面怖かったですよねーアドリアーノさん。

>羽生は自分の行くべき道に気づいてしまったのです。

そうででしたか・・・・
「べき」、羽生ならばですね・・・・・




>これで羽生は帰って来れないなと思いました。

この辺が私の甘いとことろだったたなー、完全に
裏を取られて枕を濡らしてしまいました(苦笑)

さすがにアドリアーノさんです^^



私は北壁の画像を見た瞬間に思いました。
こりゃ無理だと。

そして作者は羽生さんをどこで落すかをずっと考えてたんだって悟りました。

その場所は冬のグランジョラスに匹敵するかそれ以上の場所でしかありえない、そしてその役目はあの状況で深町しかできないんだって。


この物語は作者の戦いでもあったのを悟ったとき初めて
この物語の全てを許そうと思えました^^


2010/4/30  13:04

投稿者:アドリアーノ

こんにちは。「なんだと?」羽生は自分の行くべき道に気づいてしまったのです。彼にとっては真の幸福への道。
私は 深町よ、何て余計なことを言うんだ。と、涙が出ました。
これで羽生は帰って来れないなと思いました。神のもとへ行くのだと。恐ろしい場面です。
この時点である程度覚悟して読んでいました。

2010/4/30  9:17

投稿者:シャナン

アドリアーノさん
おはようございます♪
羽生の最後の言葉「何だと」読んだ時どー思いましたか?
あの言葉結構印象深くて、読まれる方が今後いらっしゃったら気づいてくれたかな?みたいなw
4・27のブログ「何だと! という幸せ」 はそれで書いたみたいなものでしてw

sosonoさん
>ロックは酒とドラッグみたいな世界感があって

、普通はそーなんですがクラッシュ、特にジョーソトラマーはイメージとおよそ逆で反ファシズム、反人種主義、みたいな。
植林事業なんかもしてたりしておそらくパンクというイメージとは正反対のバンドなんです><



2010/4/29  19:35

投稿者:SOSONO55

お〜クラッシュですかあ。
名前は聞いたことありますが、曲をじっくり聞いたことはありませんでした。逆にポリスは超のお気に入りです。初期の方が全然好みですね。
ロックは酒とドラッグみたいな世界感があって、「飲むと」って感覚も一方であると思いますが、研ぎ澄まされた感性で接するには、確かに病人では聞けないかもしれませんね。

http://blog.livedoor.jp/sosono55bundan/

2010/4/29  17:05

投稿者:アドリアーノ

こんにちは。休日をいかがお過ごしですか?パンクは、詳しくなくて今日の曲は知りませんでしたが、凄いエネルギーを感じさせます。聴く方も気力、体力共に充実していないと音楽に負けてしまいますね。 >曲に取り込まれるから< とは怖い表現です。ローリングストーンズはさすがに知ってます。酒ビン並べて、バキューンといきたいですね。
神々の読後感、昨日のページに書かせていただいてます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ