†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
投資の鉄板  投資

指数を触らないのは、まー読んでくださってたらわかると思うけど
よーは下手なんだな、


読みが

っていうか読めないw



指数は本来、マーケットの灯台のようなもので、それを見ながら航海しなければならない。
なのにその灯台自体を売買するとなると、マーケットが見えなくなるんだね。
地図が消え去る感覚に襲われるんだ、ワタシの場合。

それは良くないよと

でもね、指数の使い方は間違いなく存在すると思う。
GDPの伸びる国の指数をドルコスト法で運用すること。
為替リスクはもちろんあるんだけど、多くは為替も味方にできる可能性が高いと思う。


これは投資に存在する唯一の鉄板かも知れない



と思う




実はNYダウをずっとこの方法で運用しているんだけどね、暴落があろうが、何が起ころうがひたすら無視して続けています、積み立て。

ん?(相場師として恥ずかしい話なので、そんな自分の地味な話はおいときますが)


まー、よーは投資の王道は、本来こんなところにあるのかも知れないと。
GDPが伸びるだろう国を調べあげるのはそんなに難しくないです。
人口構成比の若いところなんて情報としては上位にくるでしょう。
(ワタシはインドネシア、タイ、フィリピン、インドを押しますが)

ということはです。

アベノミクスは正解なんですよ。 消費税凍結も正しい。
GDPを増やすにはインフレに持っていくしかないです、この20年デフレに導いた財務省の罪は大きいでしょう。
国の富を増やすのが政治の努めでしょう?
少なくともそんな意味ではあべっちは正しい。


















0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ