†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
済美決勝進出に思う  野球 ボクシングetc

済美が決勝に進むのは9年ぶりなんだけど、実はその時甲子園で応援していたんですよね。
何か昨日のようの覚えています。

想像以上の寒さ、高速道路での応援バスの誇らしさ、そして何よりファンの温かさ。
何か手に取るように。


あの時は、試合開始が雨で午後に伸びたんだよね、それで見れたんです、幸運でした(´∀`)ノ

とにかくあの大会は印象深くて、何か取りつかれたようなイメージがあって、物事の全ては始めから決められていたのではないかと
思うほどでした。

特に印象が強いのがダルビッシュがいた時のvs東北高校戦のことです。

4点ビハインド、9回裏ツーアウトランナー無しからの逆転劇。
たまたまテレビで見ていたのですが、優勝を確信しましたね^^;
逆転スリーランが出た瞬間。

初出場初優勝、余りにも劇的でしたが、当時のワタシはどんな人間達がこの奇跡を起こすのだろうか?と足を運んだのだけど、そこにあったのは
ただただ、余りにも純粋な心だけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

彼らの戦いは、夏の決勝の戦いの敗北で終わるのだけど、思えばその相手のチームにまだスターになる前の2年生田中投手(楽天)がいたんだよね^^;
駒大が夏、春、夏の制覇という野望のスタートを切った大会でもありました。
今回安楽投手がその時記録した田中投手の2年生最速の記録150kmを更新したのは決して偶然ではありえないです。


0



2013/4/6  23:38

投稿者:しゃなん

sosonoさん こんにちは伊藤拓郎投手とはまたしぶいですね〜〜〜〜、覚えてますよ。
当時の帝京って凄い投手一杯しませんでした?
将来どうなるのかと期待していましたいが、プロになっていたんですね〜〜。


安楽投手の凄いところはまっすぐで空振りが取れるところなんですね。
速いだけの投手は一杯いるんですが、彼は力の抜いたまっすぐでも空振りが取れるんです、これは凄いです。
天性のものでしょう。
江川とかこのタイプです、右で空振りが取れる剛球投手・・・

持って生まれたものが違い過ぎるかと。


2013/4/6  13:52

投稿者:sosono55

福井投手の時ですね。大旋風だったのを
覚えています
安楽投手は大事にしてほしいですね
帝京高校で、1年生で大会史上初の
148キロをマークした伊藤拓郎投手になんと
なくだぶるんですよ。彼もベイスターズで
がんばっていますが

http://blog.livedoor.jp/sosono55bundan/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ