†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
2000年前後の出来事あれこれ  幸せな話


今、冒険家石川直樹さんの本を読んでいるって話をしましたが、実はなかなか進まなくて(上下2段で500ページ級)、進まない理由は
何やら一緒に冒険している気になるからなので、彼結構読ませるんだけど、南米の描写などが結構シビアに書かれていまして、世界の広さを
読みながら痛感しています。
例えば、自転車で旅行をしているという概念がない国とかね。
ありえないなんですよ、そういう旅があるなんて。
じゃー彼らの旅がどう映るかというと単に自分達の鴨な訳w
ビデオ回しているというだけで海外の旅行者=お金を恵んでくれる対象というのもおもろいシーンでした。
何故なら彼らはほとんど風呂などに入らない野宿の旅をしていから(多分相当な悪臭を発散しているはず)でして、日本だったらまず近づけないんじゃない?みたいな
おかしみ。

それで、そんな話を読みながらこれって何時くらいの話なんだろ?って気になりはじめて調べてみたら2000年前後の話でなるほどーと。
今から14年ほど前か〜〜〜と。

ワタシはその当時何をしていたんだろ?って考えてたら全く印象できなくてw、ゲームの発売された時期を調べたり、撮り貯めていた
ビデオを引っ張りだしてきたりしていたら、k−1がおもしろくてびっくりしました(゜ー゜;Aアセアセ、最近ではめっきり日本の格闘技界は落ちこんでしまいましたが
2000年前後のk−1は涙物でした。

例えば、ミルコ(後に総合格闘技界で天下をとりますが)がまだぺーぺー扱いでいたり、ニコラスぺタス(大山総裁最後の内弟子)がいて、フィリョ(直前の世界大会優勝)が
乗り込んできて、アンディの晩年、セフォーが物凄い進化、バンナが暴力的に強く、そのバンナをマイク・ベルナルドが世紀のkoしたり、暴君アーツ、MRパーフェクトホーストが脇を固めてるというまるで夢を見ているような空間を
醸し出している訳。



いったい誰が一番なの???


もーね、よだれもんなんすよね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・え?


何の話?


まとめろ?





いや〜〜〜〜






何か書きながら興奮してきてどうでも良くなってしまいましたw


あーなんで日本の格闘技はこんなになってしまったんでしょうか〜〜〜?







体重             57.60kg
体脂肪            11.8%
真向法
ダッシュ
スタンディングロウ30KG     3回
サイドレイズ10KG        6回  
ダンベルショルダープレス15kg  7回
0



2012/4/24  23:19

投稿者:シャナン

soonoさん こんにちは
あの頃のk-1や格闘技界ってもー恐らく世界最高のソフトなわけですよ、見ましたら間違いなくそう感じるはずです。
大晦日でやるはずですね、何本も。
ところがワタシ達はそんな凄いものをみているのに気づいてないんですから(゜ー゜;Aアセアセ
最高に幸せなのに気がついてないんですよ^^;

なので気がついたらボブサップを喜んでいた自分を後悔して振り返ったら本物は誰もいあんくなって訳なんですよ(苦笑)

脱線振りは超多趣味の弊害ですw
興味があるものが多すぎるので他の方からみたらとんちんかんに思えるんですが本人の中では意外と整合性がとれているんです(言い訳w)

2012/4/24  22:46

投稿者:sosono55

ワタシも格闘技が好きなのでK-1見ていました
懐かしい豪華な面々・・・

見事な脱線ぶりが格闘技なみです(笑)

http://blog.livedoor.jp/sosono55bundan/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ