†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
人は老いて死に、肉体は亡びても、魂は存在するのか?  思想

by渡部 昇一

相変わらず同時に数冊読んでいるのですが、たまに著者を見てあれって思うことがあります。
自己啓発で有名なダイアー博士の本が好きで恐らくほとんど読んでいると思うのですが、彼の訳者の一人に渡部 昇一さんがいます。
ダイアー博士の訳者ということで注目していたことがあったのですが、彼個人が書いた本も大量にあってどんなジャンルがあるのかと申しますと
右翼的な内容のものばかりで唖然としたことがあります。
ダイアーのような素晴らしい人類の英知を代表としているような訳者が何故?と。

何故なら、思想的にも政治的にもワタシは世界平和主義と申しますか、世界の子供救済主義と申しますかそんな立場を貫いていますので
およそ、右だとか国だとか全く興味がないので、ダイアーの訳者ならば当然思想的には近いのではないか?と

ところがどっこい極右ですよ(苦笑)
ちなみに彼に本で読んだ本は↓

1「いいこと」が次々起こる心の魔法
2ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ―“運命を操る力”を手にする「7つの特別プログラム」
3自分のまわりに「不思議な奇跡」がたくさん起こる!
4「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法


ね!?

極右と精神的な本、実に対照的な本でしょ?w



ちくしょう・・・・・・魂を売りやがって・・・・・・







まーそんな訳で、彼の本では訳書以外では全く読む気がなかったのですが、今回たまたま見つけたのが

「人は老いて死に、肉体は亡びても、魂は存在するのか?」 ですよ。


ワタシの得意のジャンルじゃない^^;
早速読んでみたのですが、この方の本質って結局ここなのかな〜〜って思いました。
魂の存在を言語から語るアプローチはちょっと新鮮。
ただ、ワタシのようなヨギにとっては魂の存在などは常識なので、もっと踏み込んでほしかったと思います。
彼にしれは精一杯かも知れませんが^^;



実はニュートンの本質がオカルトだったのは死後あきらかになったりね、ウォレス(進化論の実質上の発見者)が
スピリチュアルに傾いていたり、偉大な科学者はこの世の奇跡に畏敬の念を抱くことが多いように思います。






体重             57.25kg
体脂肪            11.8%
真向法
ヨガ
シェイプボクシング15分
0



2012/4/15  21:19

投稿者:シャナン

今晩はsosonoさん

今回はダイアーのような素晴らしい知性に触れていながら結局あなたはその程度かい!?みたいな乗りですw


2012/4/15  21:02

投稿者:sosono55

面白いです。政治家の2枚舌とか
世の中あふれている感じがします
ちょっと違うかな?

http://blog.livedoor.jp/sosono55bundan/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ