†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
愛して愛して愛して差し上げる  思想







自分を



先日、自分に負けないようにって話の意味がわからないなんて話をしましたが、以降も妙に引っかかっていまして、まだ意味を
考えていました。

多分勘違いしているのじゃないか?と。
自分に負けないっていう発想は、元々が「心を鍛える」という発想が隠されていることに気がつきました。
鍛えられるから勝てる、鍛えられてないから勝てない。
そんな感じじゃないでしょうか?


これは大きな間違いです、勘違い。

心は鍛えられないです。
心は神様から与えられた道具ですので鍛えことなどできるはずもなく、大事にしてあげないとすねたり、怒ったり、悲しんだりします。

心とは、自分の心とは愛して愛して愛して差し上げるべきものなのです。
自分に勝つなどという発想は全くナンセンスなのです。

何故ならあなたは、勝とうが負けようが、落ちようが、受かろうが、貧乏だろうが、金持ちだとうが一切関係なく
完璧なのですから。

これに勝ったらとか、これを手に入れたらとか?
じゃなくて、何があってもあなたは完璧なのですから・・・・


それどころかあなたは神様そのものだと思いますよ。





するとどうなるか?

あなたが自分に満足しはじめると、周りやこの世の全てに満足するようになります。


自分に厳しくなんて言葉が一番の愛のない言葉だったのです




//////////////////////////////////////////////////








にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ


体重             57.55kg
体脂肪            11.4%
1KMランニング
ランニング
真向法
2



2012/2/4  21:40

投稿者:シャナン

こんにちはsosonoさん

なんかね、仰るとおりワタシはアスリートじゃなくなってますね、皆さんのコメントを読みながらフと気がつきましたよ。

自分には励ますことしかできないです。

ただね、こないだの大阪マラソンで福士選手が4年前失速した自分が許せない
なんて話をして、今回にかけるなんて話をしていたんですよ。

それってさみしいなーと。
がんばった結果が5位でも完走できなくても、その結果を愛してあげないと〜
と思うわけですよ。

周りにもね元高校球児が10年以上経っても、野球に戻ってこないんですよ、引きずっているのあと一歩で行けなかったことを。
悔しさでね、嫌いになっているの。
高校野球を。


残念な結果で終わったとしてもね、結果は相対的なものでしかないです。
勝たなければ愛さないのか?
結果じゃないんですよとワタシは思うのです。

そんな感じです。



2012/2/4  21:30

投稿者:シャナン

シー坊さんこんにちは
貴重なコメントありがとうございます。

自分に対する愛がある故の叱咤激励みたいな感じでしょうか?
良くわかりますよ、ボクサーは苦しみとの戦い、節制しないと話にならない過酷なスポーツですので。
シー坊さんなんて闘争心の塊みたいですよね、先日ぶつけといて怒っているみたいなの書いてましたよね!?
あれ受けましたw

なんか凄いや・・・・と


・・・書いてて気がつきましたがワタシは闘争心などがまるっきり欠如していることに気がつきました・・・・

いや、ホント今、気がつきましたw

あれ〜〜〜〜いつから無くなったんだろ??


2012/2/4  21:24

投稿者:シャナン

こんにちは みかんさん

自分を愛する方は、全てを愛することができます。
過去も、未来も、そして今も。
素晴らしい輝きの中で生きていると思います。

2012/2/4  20:20

投稿者:sosono55

「自分に負けない」の気持ちがなくなったら、
アスリートとしては終焉に近いと思いますよ
勝負事は相手に勝つより自分との闘いだと思います

http://blog.livedoor.jp/sosono55bundan/

2012/2/4  17:12

投稿者:シー坊

おじゃまします。

シャナンさんのちょっと前のブログでの
「自分に負けない」についての疑問を読んだ時から、
私も自分に負けないということについて考えていました。

私も「自分に負けない」と考えながらやる人です。
人によって違うこともあるかもしれませんが、
私の場合「自分に負けない」というのは、
「相手に負けない」という部分から生まれていて、
ボクシングで試合をする際に
相手に勝ちたいと思い練習するのですが、
その際に「相手に負けない」と考えても
相手がどんな練習しているのか見えないので
「自分に負けない」というように考えるようになったんだと思います。
「自分が相手に勝てるであろうと自分で決めたトレーニングの目標」。それをクリアすることに対して、
「自分に負けない」と使っているように思います。

そしてそれを達成することに喜びを感じている、
相手がいない場合は
「自分で決めたトレーニングの目標」になりますかね。
いわば自分を喜ばすためにやるって感じでしょうか。
その褒美として「心を鍛える」という
目に見えないゆえに鍛えられているかも肉体のように分からないからこそ、そこに何かを求めて
自己満足の賞状を自分に与えているように思います。
「心を鍛える」というより目標達成したから
「心を鍛えることが出来た」という目に見えない成果を
自分で作るみたいな感じでしょうか。

そしてそうやって目標をクリアしていくこと(自分に負けないこと)をする自分、
そんな自分を特に愛せると言いますか・・・
愛ゆえにやると言いますか・・・。
堅苦しい愛ですね。
まぁ私の場合ですけど。

全て受け止めるシャナンさんの愛、
もちろん素晴らしいと思います。
柔らかい感じがして羨ましいです。

長文で失礼しました。

http://pub.ne.jp/honey_white/

2012/2/4  0:09

投稿者:みかん

私は私が大好きです??♪

過去の私も今の私も
全部好きよ。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ