2019/1/8

冬のお楽しみ🎶  

寒くなると

  なぜか縫い物や編み物が恋しい

和柄の布もストック満タン状態

ちょこっとの勇気を出して

     ワンコのアブちゃん制作スタート

1)型紙を作り、表と裏の生地を14枚づつ印をつけて裁断

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2)中表にしつけ縫い

クリックすると元のサイズで表示します

(ママはこの後ミシンで縫ってしまいますが、手縫いでも勿論OK


3)表に返して柄を見ながら互い違いに縫い付けて


4)中心にゴム通しの布でまとめれば完成

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(以前の完成品)


では「ユーちゃん」試着お願いします

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


野山を駆けまわるためのワンコと言うよりは

こうしてインドアで優雅な生活をしていた「狆族」

「アブちゃん」は、やっぱり狆族にお似合いかな


ママの一句

     封印を 解いて最初は アブちゃんへ



2019/1/10  12:47

投稿者:まさこママ

匠ママさん

私は和柄の布を買うのではなく、和柄の中古の着物を布として使うために買っています(^_^)v

裏生地の絹の部分も使え、様々な品に変身してくれます。

時間のある時に小さなパーツを切り

パーツが貯まったら2枚1組にしつけ縫いして

少しまとまった時間のある時にミシンで縫って

後は繋げてゴムを通すだけ(^_^)v


「なんちゃって縫い物」なんです(^^;)

「ユー」は黙っている子なのでこれが出来ます(*^_^*)

(嚙んでモデルにもなってくれない子もおりますの)

向き不向きがあるようでございます(^_^;)

2019/1/10  12:37

投稿者:まさこママ

森パパさん

江戸時代、姫君様の絹のどんなお着物の柄にも合うように、「狆族」は、白黒模様の今の柄になったと言われています。

浮世絵などにも「アブちゃん」をつけた狆の絵が登場します。

「篤姫様」は、狆と暮らしていらした時に絹の御座布団を11枚ほど作ってやったと、書かれていました。

「狆族」身につける物も休む場所も絹物で過ごしていたのでしょうか(^^;)

2019/1/9  20:52

投稿者:匠ママ

ユーちゃん可愛いなぁ!モデルがいいから良か〜💕
日本画の狆がこれ付けてるでしょ?すごく気になっていたんですよ!それをスイスイ縫い上げたまさこママはすごいですよ。私なんか作れないから伸びきったシュシュをカイちゃんに付けたろか!思いましたもん。まず和柄布を探さなね。赤いのは巣鴨でアレ買って婆ちゃんがタンスにしまっとるけん、あったなぁ。
何でも出来ちゃうまさこママがうらやましいです。

2019/1/8  23:35

投稿者:森パパ

お正月にふさわしい素敵な「あぶちゃん」ですね。「ユーちゃん」とってもお似合いです。
(*'▽')

明るい柄で狆の白黒にとっても映えてます。
(*^▽^*)

「ユーちゃん」のお顔も鮮やかな「あぶちゃん」の真ん中に浮かび上がって、その可愛らしさが引き立ってます。
(*^。^*)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ