2018/12/15

奇跡の一夜(W)  

何でママがこのタイミングでこのブログを書こうと思ったのか

それは誰にでも起こりうる「出火の原因」を知って欲しかったからなのです

静かな住宅街の深夜、なぜ2階寝室が火元となったのでしょうか



きっと寝室のお布団を寝る前にホカホカになさりたかったのでしょう。

ちょっと昔の「布団乾燥機」のスイッチを入れて

お隣の一人暮らしの「おばあちゃま」はお風呂に入られました。


その入浴中に今回の出来事は発生したのです

ママの頭の中には、ママの部屋のすぐ横で火事が発生しているとは全く想定外の出来事でした。


火元は、台所やたばこの不始末など直接火に関係することを思い出しがちですが・・・

タコ足配線・古い電化製品・埃のたまったコンセントなど

   電化製品を見逃してはいけない


寒い時期は暖めるタイプの電化製品を使う頻度が高くなります

電気を入れる・消す位のイメージで

毎日普通に暮らしている事が多いのではないかとママは思います。

しかし乾燥した空気・燃えやすい物が多くなる冬物類

一度火花が飛び散るとアッという間に部屋中が火の海に

1枚のガラス窓ではアッという間にガラスが飛び散り

窓から火が噴き出します

小さな火元から大きな火柱になるには大して時間はかかりません。


そして一番危険なことは

火も水も防いでくれたママの家にも「煙」だけは容赦なく侵入して来たのです

様々な家の材料が一斉に燃えるのですから、すぐそこの様子さえ見えなくなるような激しい煙と異臭。

では何で今回ママ達は全員無事で助かったのでしょうか

(この検証は次へ)





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ