2018/6/15

日本の狆と海外の狆の交流を紐解いて(2)  

さてイギリスに渡った「松嶺&鈴良」の2大ラインがいよいよ導入されて

1984年生まれ

クリックすると元のサイズで表示します


1987年生まれ

クリックすると元のサイズで表示します


1988年生まれ

クリックすると元のサイズで表示します


1988年生まれ

クリックすると元のサイズで表示します


1989年生まれ

クリックすると元のサイズで表示します


1990年生まれ

クリックすると元のサイズで表示します


このチャンピョン犬達は全てこのどちらかのラインが入って誕生した犬達です



その頃の日本では

1984年生まれ(昭和59年)

クリックすると元のサイズで表示します

日本一に輝いた男の子です


日本では3大系統が分化し、それぞれの良さを持ちながら更に進化した犬達が日本中に誕生していました



出発は「日本の狆」でも

 環境の違い

 暮らし方の違い

 食べ物の違い

 美に対する文化の違い

様々な要素が複合的に絡み合って

 海外は海外らしく

 日本は日本らしく

それぞれの国々で改良が進んで行った「狆族」


クリックすると元のサイズで表示します

先輩の皆様が大切に残してくださった

  「日本の狆のスタンダード」を学びながら


     平成生まれのみんなには

次の世代にバトンが渡せるように頑張ってもらいましょう



ママの一句

     犬姿 文化の違い 装って



2018/6/16  8:57

投稿者:まさこママ

森パパさん

我家の初期の犬達の血統証にもこの

「鈴良&松嶺」ラインの犬達の名前が登場します。

海外だけでなく、日本の狆のために大変貢献して下さった先輩の皆様に感謝です。

人の命も犬の命も永遠ではありませんが、繋がって行く事こそ大切な事だと私は思っています。


2018/6/16  0:15

投稿者:森パパ

「松嶺&鈴良」のラインが海外の狆達にもたらした影響は本当に大きかったのですね。
(・∀・)

「松嶺&鈴良」の血統の偉大さに驚きです。
(@_@)

「日本の狆のスタンダード」はまさに日本人の美意識の結晶のようなもの。
(*^^)v

狆を知らない人が増えている今、日本の狆の素晴らしさを是非とも日本中の人々に再認識してもらいたいなと思います。
(*´▽`*)



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ