2017/8/25

滝沢馬琴さんによると・・・  

連日暑い日が続いています

猛暑中は本を読む時間が増え

今は日本の犬の「歴史」を勉強中

様々な時代の中でどうしても目につくのが

   狆の話


「滝沢馬琴」もかの有名な「南総里見八犬伝」にて

「闘牛考付小狗略説」という一文を著しているのですが

何とそこでは「狆」の由来などの考証を行なっていました

当時の小型犬には

1)つまり

 毛がつまって長くないもの。


2)ちゃんぱげ

 占城毛(ちゃんぱげ)であろう。


3)かぶり

 頭の毛が長く垂れて顔をおおうもの。


4)小がしら

 頭が小さく目の大きいものでこれが一番珍重される。


5)しかばね

 鹿骨で、痩せて痩せて肢が長いもの。これは品級が劣る。


6)りうきう(琉球)

 琉球から来た小狗。

 

7)さつまたね

 琉球狗とわが国の狗との交配によるもので、耳は垂れずその形は丸い。


8)まじり

 小狗とと地犬との交配によるもの。

 また「紅毛犬」(オランダ犬)と交配して生まれたものもあり

 「紅毛犬」は「地犬」よりも小さい。


馬琴はそれらを売って生計を立てているものに聞いてこのように考証解説をしたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「南総里見八犬伝」はあまりに超大作で読解するには(特に後半は)

   よじれた糸をほどくがごとく

・・・とよく言われていますが、ママはそのような時は

このように整理整頓されてフリガナ付きの児童図書にお力を借りています


幼い頃必死で読んだこの本の作者が

「狆」の系統の考証をしていたとは

ただこの後もしばらくは、現在の狆の様な整理された姿形はまだ出来上がってはいないことがわかりました。

様々な系統が残ったり、淘汰されて、明治に入って初めて今の様な形の狆に近づいたといわれています。

(1つの犬種が残るには様々な歴史あり


クリックすると元のサイズで表示します

   平成の皆さん しっかりしてくださいね 


ママの一句

     暑さゆえ 古き時代が 近づきて 



2017/8/26  11:02

投稿者:まさこママ

森パパさん

この頃字が細かくて分厚い本はなかなか読み切れません(;'∀')

日本の歴史・世界の歴史・作曲家の伝記・・・

私は児童書でザックリ読むのが今のお気に入りです(*^-^*)
特に後ろの解説は非常に興味深い内容が多く好きです。

八房が出てくるこの物語も、一応歴史書の分野に入るそうです。

馬琴が様々な職業を経て、今でいう小説家となって、職業として食べて行ける道筋を作った、あの当時のなくてはならぬ人物だったことが解説からよくわかりました(*^^)v

2017/8/26  9:38

投稿者:森パパ

「南総里見八犬伝」ですか…。(^▽^;)

私はあまりの長編さに尻込みしてしまって、まだ原作は読んだことがありません。
( ;∀;)

でも昔NHKでやっていた人形劇の「新八犬伝」を楽しみにしていたことを懐かしく思い出しました。
(*^。^*)

そうですか、滝沢馬琴があの「南総里見八犬伝」の中で狆の由来を考察していたのですか。
(^◇^)

なんだか嬉しくなってきますね。
!(^^)!

「南総里見八犬伝」にも親近感が湧いてきて機会があればきちんと目を通してみようかなと思いました。
(^_^)/~


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ