2017/8/22

夏の手芸(*^-^*)  

少し涼しい日が続いた後だけに

   本日暑いデー

外仕事に向かない時間は

   夏手芸

2〜3年前から着なくなった着物を

   勇気を出して「再利用の道」を選択したママ

この2日間、振袖を全部ほどく作業に火がついた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

絹物をほどく作業はミシン使いの布をほどくより楽な作業で

一針 一針 どのように縫ってどのように布の処理をしているのか

和裁はゆとりを持たせた縫い方で

   布の良さを最大限に美しく見せる「日本の文化」


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この浮世絵は 楊洲周延(ようしゅうちかのぶ)1838年〜1912年 

    「千代田の大奥狆のくるい」

この狆の首の飾り物に注目


クリックすると元のサイズで表示します

様々な着物の布を使って

14枚のパーツは時間のある時に裏もつけて少しづつ作り

中心にゴム通しのパーツをつけてゴムを入れればでき上り


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


生まれてから一度も服さえ来たことのない「ユー

     「あぶちゃん」初体験

(よそ行きの顔してない


もう一度縫ってくださった方々に感謝しながらさらに新しい命を吹き込んで

   今の世に出してあげても良いのかな


ママの一句

     ありがとう そして今から こんにちは



2017/8/23  8:40

投稿者:まさこママ

森パパさん

首だけなので犬もそれほど嫌がらず、白黒だからこそこの和柄が似合いますね(*^-^*)

そちらの「ユー君」もお正月写真にはきっとお似合いですよ(*^^)v

(海外の方々からはどのように見えるのでしょう(*^-^*))

2017/8/23  0:52

投稿者:森パパ

「ユーちゃん」とっても似合ってますね。「ユーちゃん」の上品さが一層引き立ってます。
(*''▽'')

美しい着物の柄とシックな狆の白黒が見事に互いを引き立て合ってこれぞ日本の伝統文化の極みです。
(*^^)v

とても優美で華やかだけど出しゃばらずまさに狆のために考え出された首飾りですね。
(*´ω`*)

首飾りの柄を変えれば男の子にも似合うはず。お正月や記念写真撮影時、お出掛け時などおしゃれする際には打ってつけと思います。
(^^♪

狆の美しさを引き立たせたり日本らしさ演出することができるので、日本だけでなく世界中の狆のオーナーがきっと注目すると思います。
(^_-)-☆

ほんとこれイイですね!
!(^^)!



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ