2017/8/19

この音で心は小学生(*^-^*)  

私が幼い頃、父は転勤族で様々な地に行きましたが

小学生の頃過ごした名古屋ではその頃蝉の数が半端なく多く

   毎日が「蝉取り少女」


今日は買い物の帰り道、近くの公園から

   大合唱が聞こえた瞬間

あの頃の自分がよみがえり(蚊が多い事はわかっていても

フラフラと誰もいない公園に吸い込まれるように入ってしまいました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

地面は蝉が抜けだしてきた丸い穴が無数に

背の低い小枝にはおびただしい量の蝉の抜け殻が

   アート作品の様に

ここまで来ると心は完全にあの頃の「小学生のまさこちゃん


声の主を探そうと木々の幹を見上げると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

探す必要などありません

こっちにも・あっちにも・そっちにも

   蝉・蝉・蝉・・・・・

(テンション上がりっぱなし


クリックすると元のサイズで表示します

この密度の蝉をあの頃の「まさこちゃん」に見せてあげたかった


夏の公園は、子供の姿は無くても「蝉のパラダイス」

(少々かゆい思いはしましたが)

とっても懐かしい「幼き自分」に会えたような楽しい時間でした


   ママ〜お帰り

クリックすると元のサイズで表示します

今のママを、蚊のいない涼しい部屋のワンコが出迎えてくれました

(また小学生の「まさこちゃん」に会いに、今度は携帯蚊取り線香持参で行ってこよう


ママの一句

     蝉の声 タイムマシンに 乗せられて



2017/8/20  6:52

投稿者:まさこママ

森パパさん

あの頃は虫捕り網を持った子供達の姿が多く見られましたね(*^-^*)

私は人形を買わなくていいから、3段式の高い所までとどく網を買って欲しいと親にお願いしていました(;'∀')

この辺ではまだ「ツクツクボウシ」は鳴いていません。

圧倒的に多いのはやはり「アブラゼミ」でした。
おっしゃる通り私が近づいても飛び去る蝉もなく、今の蝉はのんびり。

昨日は久しぶりに見ているだけでワクワクした一日になりました\(~o~)/

2017/8/20  0:14

投稿者:森パパ

アブラゼミにミンミンゼミ、夏真っ盛りに鳴くセミたちですね。
(^◇^)

昔はセミ取りは子供の夏一番の楽しみだったのに最近の子供達はあまりセミ取りをしないみたいで、そのせいか近頃のセミは手で掴めるような低い場所にも平気でたくさん止まっていますね。
(^^♪

私は「ユー君」を連れて夕方散歩している時に街路樹の細くて低い桜の木にクマゼミやアブラゼミが止まって鳴いているのを見つけると、今でも子供の頃を思い出し捕まえたくなります。
( ;∀;)

でもさすがに今は捕まえるのは可愛そうなので、その代わりに木にとまっているセミの頭を指でやさしく撫でてやることで満足しています。
(^▽^;)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ