2017/3/31

繋ぐ命の重さ♡  

本日肌寒い 曇り曜日

外は今にも泣きだしそうな空模様に

(とうとう降り出しました


 以前からママが不思議に思っていたことの一つが

日本の狆が海外に渡ったお話はよく聞くものの

 
海外から狆を逆輸入された方はいなかったのかしら

(勿論日本の狆をより良くするためにチャレンジされたとは思いますが)

何冊か本を読んでいるうちにそのページに出会いました


昭和33年ころ

アメリカイギリスの「エボット系」と「リュウグウ系」の組み合わせによる 「ブソー・ブシ」と「リリー」を

イギリス「リュウグウ系」を輸入して血液の更新を考え実行されたようですが

いずれも成功しなかったようです。


    どのような結果になったかというと

 「スピッツ」の様な子が出来たり

 「コッカー・スパニエル」の様な子が出来たり

 「ポメラニアン」の様な子が出来たり


「輸入犬」どうしの狆の場合は小型で顔型も整った子が誕生するのに

日本の狆と組み合わせるとどうもうまくいかない様子


日本の狆の「アウトクロス」(異血統な組み合わせ)でもなく

異種交配(他の犬種と狆の組み合わせ)でもなく


 の中間的な結果を示した様です。

平成に生きる狆達に至るまでには様々な歴史があるものですね

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年生まれのメンバーも一人前になりましたが

「日本の狆のご先祖様」が繋いできてくださった

    「日本狆の遺伝子」があればこそ


海外でも今は素晴らしい狆が多数活躍しています


しかし日本で受け継がれてきたこの遺伝子の重みを感じた

     雨の一日になりました


ママの一句

     春の雨 遠き昔に 思いはせ







2017/4/1  10:38

投稿者:まさこママ

森パパさん

今では世界も飛行機の出現で近い存在になりました。
江戸時代ヨーロッパに渡った狆は到着する前に船上で寒さに耐えられず命を落とした犬が多数あると聞いています。

昭和の時代になってから日本の狆も数多く海外に出て、数十年!!!

今では海外の狆愛好家の皆さんによって見事な狆が誕生しています。

日本と海外の文化の違いの中で、この犬達はそれぞれの文化にピッタリ寄り添う狆に進化していったのではないでしょうか。

どこの国の狆族もみんな幸せに生きて欲しいですね♡


2017/3/31  16:50

投稿者:森パパ

今日は1日本降りでしたね。(´・ω・`)
海外の狆には、もしかするとその血液の根底に「スピッツ」や「コッカースパニエル」、「ポメラニアン」など洋犬の血が混じっているのかもしれませんね。
そして、それが日本狆にはないバタ臭さを感じさせる原因なのかもと思ってしまいます。(/ω\)
いまさらながら、日本狆の素晴らしさそしてその伝統の重さ、伝統を守っていく大切さというものを痛切に感じます。「
日本の伝統・日本狆を守ろうとする「まさこママ」の努力に敬意を払わずにいられません。
これからも頑張ってください。応援してます。(^o^)丿


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ