2015/7/29

これぞ母の貫録(^_-)-☆  


    本日も 暑い一日

夏の子育ては赤ちゃんには高めの温度が必要
ただし母ワンにとってその温度では暑くて子育てができません

そこでエアコンをかけながらいかに子犬を冷やさないかが重要課題となってくるのです

母ワンも24時間子犬のそばにいるわけではありません。

子育てをする段ボールハウスには屋根を付けて、エアコンの冷気が直に降りてこないように
母ワンがお留守をする時は、子ワンの上に暖かいフリースやタオルなどをそっとかけて体温が下がらないように常にチェック

(体温が下がるとオッパイが飲めなくなってしまうからです

子ワンズが泣く時は

1)お腹が空いた時

2)みんなと離れて不安を感じた時

3)寒い時

4)うまく排泄が出来ていない時

様々な理由がありますが全て満たされている状態ではほとんど泣きません

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日のコロコロちゃんは全く別のペアのお子ちゃまです

誕生してから日に日に毛も伸び始め、体の丸さや毛の長さに比例するように低めの気温にも次第に慣れて行くようになります。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなコロコロちゃんを育てている


      ベスト母ワン賞に輝いたのは

予想をはるかに超えてこの方

ほとんど子ワンズを泣かせることなく、的確な授乳と排泄の援助。

初めてお母さんになったとは思えない落ち着きと冷静さ。

どの子にも平等にかける深い愛情。

子育ても母ワンによって全く違うものなのです。


     初心者母ワンが「ピーピー」泣かせる度に・・・

24時間体制で出動するママ

(眠い訳でございます

これも永遠ではなく必ず子供は成長するもの

(初心者指導はまだ続き、今晩も頑張るかな

ママの一句

     母になり 埋もれし力 湧き出でて






2015/7/30  12:52

投稿者:まさこママ

すももさん

ビンゴ!!!!
ワンコも高齢になると受胎率も下がり、次の世代を残す時期は若くて元気な頃が良いと私は思っています。

そうなんです!!!
出産前は適度な散歩や運動をしてなるべく安産にしてやりたいものですから♡

陣痛が来て第1子は逆子で私も少し手伝いましたが、次からは自分の力で産みました。

狆は歯が小さいので産み落とされた後は、羊膜を破ってやったり、臍帯を縛って切ってやったり、まだ半分仮死状態のような赤ちゃんを産湯につけてからタオルでしっかり包んでマッサージしてやったり、それでも息をなかなかしないようだったら鼻や口に詰まっている羊水を吸ってやったり・・・

いざ出産が始まるとそれはそれはすばやい連係プレーが必要なんですよ。

性格・頭の良さ やっぱり遺伝力結構重要だと私は思います(*^^)v

「ひかり」はお外で少しシャイなところがあるので父ワンはどこでも平気な超明るい系男子を選びました。

今度の子供達がどんな性格になるのか楽しみです(*^_^*)

2015/7/30  8:36

投稿者:すもも

ひかりちゃんがママに!
まさこママさんの「サプライズ」という言葉に、もしかしてひかりちゃんが?と思っていましたが、ビンゴだったとは。
思わず7月13日の記事に戻り、ということはこの時は臨月のおさんぽだったのかしら?と写真を見直してしまいました

ひかりちゃん、1歳半の適齢期ですものね。
冷静で的確、愛情あるママでベスト母ワン賞ですか〜〜
ひかりちゃんのお母さんが頭がいいということでしたから、そういうところが受け継がれたのでしょうか〜^^
赤狆ちゃんたちのレポートが楽しみです
まさこママさん、寝不足のようですが、暑さもつづきますし、ご自愛くださいね。


http://ameblo.jp/keis197112/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ