岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)

フリーライターから100円ライターへ進化したものの使い捨て→ゴミ箱行き? はたしていつまで続くやら……

 

岩本太郎プロフィール

岩本 太郎(いわもと・たろう)    1964(昭和39)年名古屋生まれ。静岡市育ち。岩手大学人文社会科学部卒業後、1988年に東京へ。広告業界誌の編集者として2社で通算約6年半勤務した後、1995年にフリーライターとして独立。放送・出版・広告などマスコミ界の動向に関するレポートを主に手がける。また、オウム真理教問題など、社会的に話題を呼んだ事件の現場ルポ等にも取り組む。共著に「ドキュメントオウム真理教」「町にオウムがやって来た」「格安!B級快適生活術/都市の裏ワザ本」(いずれも正式または実質的に絶版中)。email HZU00512@nifty.ne.jp 自宅tel&fax03-5340-5237 携帯090-2624-3557 住所〒164-0011東京都中野区中央4-6-24エステート中野102

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近のコメント

メッセージBOX

QRコード

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岩本太郎
鉄道に限らず、日本の交通車両の完成度、特に「丈夫で長持ち」というところは海外でも評価されているようですね。
私もかつてバックパッカーとしてアジアを旅した際、お書きになられたような経験があります。ベトナムでは「多治見ホンダ販売」とかシートにプリントされたスーパーカブをずいぶん見かけましたし、ホーチミンからプノンペンまで行く国際バスに京都市交通局の中古車両が使われていて、車内の料金表などの表示もそのまま。発車直後に誰かが押した下車ボタンは、メコン川を越えるまで点灯していました(笑)。

パキスタンでは日本の中古ワゴン車や軽トラが「スズキ」と呼ばれて大人気で(たぶんスズキの進出が何かの理由で早かったんだと思います)、車体に日本のクリーニング屋さんの「朝出して、夕方スッキリ!」なんてステッカーを貼ったままの車両がラホールみたいな大都会のあちこちを走り回っているのが日本人的には面白くて(^_^)、あれから20年以上経った今でも懐かしく思い出します(今はどうなのかわかりませんが)。

政治がらみ(?)でいうと、ビルマ(ミャンマー)が最近のような民主化が進む以前から、三菱製の中古バスやトラックがヤンゴンあたりで結構走っていたとのレポートも見ましたし、名鉄がローカル線用に使っていたディーゼルカーが路線廃止後に彼の地に輸出されて現役で走っているそうです。このあたりはビルマの今後の民主化(?)や市場開放を睨んで、数多の外資系にまじって日本企業も布石を兼ねて進出してきているということかもしれません。ベトナム戦争後にインドシナ半島への政治的影響力を失ったアメリカの企業も、インフラ整備とかでいろいろ手を打ってきているそうですから。
投稿者:岩本太郎
どうもです。日本の場合、特に通勤輸送用に膨大な車両数を必要とする首都圏を抱えるJR東日本は、旧国鉄型で設計も古く性能的にも電力消費的な効率も悪い103系を置き換えるのが発足時からの大きな課題だったみたいですね。また、最近は技術発展への対応もあって、あんまり長持ちする車両を作ると、逆に新技術(特に電子機器だとすぐに旧式化して補修時の部品確保ができなくなるようです)や輸送事情の変化への対応という面からも却って非効率という判断もあったみたいですね。
ペコペコボディについては日本の場合、保安方式の優秀さへの自負もあってか、衝突事故などに備えた車体強度の問題は、軽量化=動力節減を優先するほうが先に立ったらしくて相対的に考慮されなかったようですけど(フランスのTGVの関係者は、日本の新幹線が正面衝突のリスクをあまり考えていないのを不思議に思っているとか何かで読んだ覚えがあります)、福知山線での事故以降は各社ともいざという時のため車体強度も念頭に置く方向になったみたいですね。

投稿者:L
 こんにちは。丁寧なレス、大変嬉しゅうございます。事故時の安全性を割り切って軽量な車両をハイテクでCP良く走らせるというのが今風なんでしょう。昔、自動車評論家が、トヨタや日産の車を”0.6mmペコペコボディ”と腐しているのを思い出しました。コストと車重を下げて価格競争力と燃費を捻り出しているが、ヤワで危険だと。
 ここはねえ、英国趣味人式がいいと思うのですが。長崎かどこかの路面電車は、動く博物館で楽しいそうですね。部品は旋盤などで新造しているとか。まあ、葛西みたいな手合いは、車種を統一してメンテの経費を下げるのは当然、ソロバン弾けばこれが一番儲かるというのでしょうが。
 旧車両の人気はよく目にしますね。昔、NHKで宮沢賢治の樺太旅行の番組がありましたが、青い旧国鉄の列車が走っていました。車体にはJRの白い文字がありましたが。バスの話もどこかで読みました。ユーラシアかどこかを横断する旅で日本のバスがそのまま使われていて、誘惑に負けて下車ボタンを押してしまったらピンポーン!と鳴ったけど、誰も意味が分からず、そのまま走り続け、運ちゃんもランプを消すことなど知らず点灯したまま走り続けた、てな話でした。最近では、日本製の農業用トラクターが海外で大人気という記事がありましたね。電子制御されていない旧型が人気でスクラップでも価値があるとか。
 まあ、高付加価値な新製品がしょぼく、枯れた旧製品の方が人気があるというのもピークを過ぎた国に相応しいイイ話ですな。浜矩子先生なら、それを生かした処方箋を書いてくれそうですが、偉い人はバイアグラを飲みつつまだまだ現役バリバリと認知症をこじらせていますからねえ。

 (安倍政権下の)鉄道システム輸出にはいろいろな気持ちの悪いものが抱き合わせのような気がしますが、その根底にはやはり日本の鉄道への信頼があると思います。距離の近い日本住民には(高い信頼の裏返しで?)粗も見えますけど。
投稿者:岩本太郎
ただし、ステンレスやアルミの車両は長持ちするし(私の地元の静岡鉄道なんかは、私が小学生の頃に乗っていたステンレス製の車両をこのほど40年ぶりに新車に置き換えると発表しました)、ステンレス車を含めた日本の鉄道車両は物持ちがいいため、最近では大都市圏以外の中小私鉄や、インドネシアなど海外の路線に旧型車両を中古車として大量に輸出しています。JRや東京メトロが平成になってから製造した車両が今やインドネシア国鉄で使われたり、旧国鉄のブルートレインがタイで走ったりしているそうです。
もっとも、これは自動車やバイクの世界では昔から当たり前の話で、私が20年以上前に海外を放浪した時にはベトナムで「多治見ホンダ販売」とかいったプリント付きのスーパーカブのバイクタクシーによく乗りましたし、ホーチミンシティからプノンペンへの国際バスは京都市交通局のお古で、車内広告や料金表が日本で使われていた頃のがそのまま残っていたほか、パキスタンでは地元で「スズキ」と呼ばれ、クリーニング屋さんの「朝出して夕方すっきり!」などという日本語ステッカーを張ったままの乗合バスによく乗りました。

あと、私が昔、毎朝通勤に使っていた東京メトロ丸ノ内線の旧型電車は、今でもアルゼンチンのブエノスアイレスの地下鉄で「新型車両」として日本時代の外観もほぼそのまま使われているそうです。日本は先進国の中でも鉄道がとりわけ高度に発達したという事情もあってか、中古車両や最新の鉄道技術の輸出が世界的にこのところ活発に進められているようです
。旧式とはいえ「日本製の車両は丈夫で長持ち」との評価は車やバイクに限らず鉄道車両でも近年は世界的に広がっていて、それがベトナムとかアメリカへの新幹線システムの輸出計画の根底をも支えているのかもしれません。
投稿者:岩本太郎
どうもです。鉄バカ旅ルポに過分なるご評価をいただき大変恐縮ですf(^_^;
鉄道車両は、今でも大昔の蒸気機関車や電気機関車などが動態保存運転されているように本来は長持ちするし、近年のステンレス車両などは錆などの車体劣化がないためむしろ長持ちしそうなのですが、近年は急速な電子技術その他の進歩によって、新車として製造された数年後にはたちまち「旧式」になってしまい、補修用の部品の製造もストップしてしまうため、特に使用車両数が多い首都圏では「むしろ早いうちに新技術で性能を向上させた新型車両を導入するほうが効率的」との発想から、その新たに製造する新型車両も予めかつてのような20〜40年といった使用を前提とせず、なるべく直近の利用客のニーズにも合わせられるという意味からも、新車に置き換えるスパンが短くなっているようです。
投稿者:L
 すいません。
 確かに
”ハイレグいいな”ですが、
「今回のは入れ食いな」です
投稿者:L
 こんにちは。いつも面白い記事をありがとうございます。雑誌を読んで鉄道の勉強をしていないのですが、鉄道の話を読むのは大好きです。今回のE233系の旅は、着眼点が素晴らしい。
・東急車輌をJRが買収した
・私鉄も略同型を使っている
・同系でも路線によってヴァリアンツがあり、シリアル?が違う
・15年で減価償却
・国鉄時代の車両はもうなくなる
といったことが勉強になりました。

 おっさんのイメージだと鉄道車両は補修しながら数十年使う印象なので驚きです。でも、昔に比べて軽くてヤワで耐久性がない、乗用車のようと鉄道組合系の人の解説を見たので当然なのでしょうね。
 私が学生の時、仰ぎ見た中央線の窓の大きい回生ブレーキなど装備した最新型車両が博物館入りしたのも無理はないのでしょう。
 先輩に鉄道ファンがいるのですが、彼にお会いするときにはこのブログを読んで話題のメモを作っています。ただ、素人相手のせいか、うんちくを語ってくれませんが。
 私が「総武線に中央線車両を走らせたり、中央線に各駅停車を走らせるのはゆるせない。総武線が武蔵小金井まで走るのも違和感が有る。中野で東西線に”京葉勝田台行き”オレンジのラインの入った謎の電車が走るのも気に入らない。」という話を振っても構ってくれません。
 乗り鉄らしいのですが、今回のハイレグいいな気がしますが更に食い付きのいいツボを教えてください。

 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ