ソノラマ文庫  

今、食玩の宇宙戦艦ヤマトをいじっております。
どうしてそれがタイトルと繋がるのかと言うと
それは朝日ソノラマ解散の報を聞いて、
なんとなく覆い出したのですが
生まれて初めて買った文庫本が
ソノラマ文庫の「ヤマト」であり、
考えてみれば、これこそが
ワシのSF人生のスタートでは無かったかと思うのです。
ちょうどソノラマ文庫が創刊された頃、
ウチの近所に本屋が出来まして、
この本屋にソノラマ文庫がずら〜っと並んでいたのです。
これを皮切りに光瀬龍とかそういうのを手にするようになり
あの「クラッシャー・ジョウ」とか「妖精作戦」を経て
「エリアル」とか今で言うラノベになだれ込んでいく一方、
早川・創元・サンリオ・徳間と範囲を拡大していったのです。

朝日新聞に移ったら一気に再販とかしてくれないかなあ。
光瀬龍よみて〜。

あ、「マンガ少年」ってのもあったなあ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ