ヴァリアブルファイターマスターファイル VF-1バルキリー 宇宙の翼  コミックス/アニメ

発売が伸びていたソフトバンククリエイティブの
「ヴァリアブルファイターマスターファイル
VF−1バルキリー 宇宙の翼」がようやく発売され
我が家にもやって来た。

おおむね前回の「成層圏の翼」を踏襲しており
今回は宇宙用装備のスーパーパックとアーマードを解説。
ゲームに登場した改修型P型とかX型の話もあるし、
スタンピートの話もちらっと出ている。
後継機であるVF−3000とか
VF−4とかのワンポイント解説もある。
この手の本では定番の
MATの「VF−1」からの開発史も載ってる。
家のブログでも紹介し「クロニクル」でネタになった
VF−4の宇宙用オプションの話までも出ている。

読みでがあっていい本ではあるが、その分残念さも目立ってしまう。
一部の写真が露骨に模型だったりとかは興が削がれちゃうなあ。
あと、せっかくスーパーバルキリーネタなのに
その母艦となるアームド級宇宙空母の話が全然ない。
TV版の初期型アームドでの運用とか
劇場版を後期型とした発進/回収システムとか
そういう話は一切なし。
それこそ水上空母のプロメテウスでどうやって
宇宙で運用したのかという話も無し。
…あ、読み物の中にちょっとあったか。
そこいらへんが細かく読みたかったんですけど
それって贅沢なんでしょうか?。
1



2010/12/28  9:04

投稿者:tac1991

いや、これがこの本の新設定の一つで
スーパーパックはVF−1開発と同時進行で
マクロス発進前に数セット運び込まれていたつー事に
なっているのですよ。
でも、人員不足でそんなモンの運用テストなんかやってる暇はかったので、
使ってなかっただけという事になっています。
なにせVF−0で脚部コンフォーマルタンクは標準だったので
当然VF−1でもあって当たり前という事なんでしょうね。

2010/12/27  6:12

投稿者:ぽろり春草

>その母艦となるアームド級宇宙空母の話が全然ない。
それは判るけど、劇中ではほとんど描写が無いからね〜(^^;;
それと、スーパーバルキリーはいわゆる初期型アームドでは運用されてないんじゃない?
だってSDF-1がゼントラとの戦闘経験から独自に開発したオプションでしょ>スーパーパック。
新統合軍でのアームドって全部後期型じゃなかったっけ?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ