劇場版 ハートキャッチプリキュア (以下略)  映画(ネタバレ御免)

連日の雨で食料調達もままならなかった日々が終わり
久々に晴れたので映画館へGO!。
当然プリキュア劇場9作目
「ハートキャッチプリキュア 
花の都でファッションショー…ですか!?」ですよ。
いやあ、これがまあ、面白かったんだわ。
80分があっという間。

最初の砂漠の使徒であったサラマンダー伯爵が
数百年の封印から復活し
色々あって、自らの意志で世界を破壊するのを
サラマンダー伯爵が連れ歩いていた少年オリビエの願いに答えて
プリキュア4人が止めるんですが
ここが今回のポイントで「止める」んですよ。
まあ、ここは見てもらって。

初代プリキュアのキュアアンジェさまが
妙にアーマードな感じで、やはりフランスってことで
ジャンヌ・ダルクを意識したデザインなのかな?。

キュアマリンと獣化オリビエのガチバトルに
体を張って割り込んだブロッサムのポニテが
ほどけるほどのダメージで
普段のつぼみっぽく戻ってしまっても
優しい表情でオリビエを包み込むあたりが
芯の強さと成長を感じられてよかったですよ。

で、この展開、どこかで…って思っていたら
つぼみのおせっかいぶりが阿良々木くんみたいで
なんとなく「化物語」っぽい感じがするんですわ。
無理して振るなら、ゆりさんが羽川で、いつきが上原かな?。
えりかは八九寺でいいよね。
オリビエが撫子で、伯爵が忍野な感じ?。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ