埋もれゆくデザイン  コミックス/アニメ

航空機好きでメカアニメ好きでモデラーといったら
どうしようもないオタクでマニアだが、
ワシの場合もう一つポイントがある。
「試作機好き」という点だ。
実機の場合はテスト機や試作機だが、
アニメの場合だとそれはアイディアスケッチとか
ラフデザインといった所になってしまう。
アニメの場合は商品として成立しないので
めったに見る機会がないが
たまに物好きな編集さんが載せてくれたりする。
場合によっては本編見たら
デザイン変わっててビックリなんてことも。
コイツの時もそうだった。
クリックすると元のサイズで表示します
OVAマクロスU発表の時の新型バルキリー。
後にVF−2SSとなる機体だがディティールが全く違う。
デザインはZガンダムや青の騎士の藤田一己氏。
二の腕が後の河森バルキリーっぽいのが興味深い。
まあ、何があったかは分からないが
本編に出てくるのはこれがベースと思われる
大畑晃一氏デザインと言われる機体である。
手持ちの画は切り抜きをコピーしてもらったもので
どこから引っ張ってきたものかは分からないが、
たしか記憶によれば
制作発表時のアニメVとサイバーコミックぐらいしか
画は載っていなかったと思う。
こういうのもマクロスクロニクルには収録されなくって
忘れられてしまうんだろうな〜っと思った。

…いっそクロニクルに収録されないネタだけ集めた
黒歴史本でも作るか?。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ