デカール作成  模型

いよいよスーパーバード製作も終盤らしく
今日はデカールの製作なんぞをしていた。
本文の描写や宮武先生に聞いた話では
本体表面はX−15なんかでも使われた
耐熱融除コートが分厚く塗られており
艶消し白という事であまり色気は無い。
なのでポイントとして国籍マークを
通常の青赤の物とグレーの1色の物の2つ
入れることにした。
もう1ヵ所はインテーク。
イラストでは黒塗りなのだが、
これも本人のお話ではインテークを塞ぐように
シャッターが立ち上がるような事を考えていたようだ。
だが、実際に作ってみるとエンジンへのダクトが
無茶な形状でシャッターなんか仕込めない。
イロイロ考えた結果、
耐熱繊維を使用したバルーンで
塞いでいることにしてしまった。
これなら軽いし。非常時には投棄しやすいし。
そんな感じでカーボンファイバーっぽい
パターンのデカールを製作した。
とはいえ無人型は改造で製作してもらう予定なので
ちょい大きめの四角い形状でプリント。
現物合わせで切ってもらう事になる。

もうチョイで一気に塗装予定。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ