近日HP更新予定。  

ここ数年TAC本体のホームページが全く更新されておりません。
一身上の都合とか色々重なりまして
新原型も止まっておりました。
とはいえ放置しっぱなしはマズいので
秋のワンフェスを中心に
ちょっとずつでも手を入れていきたいと思います。
通販商品もリニューアル予定です。
1

V-BR‐2 その後  模型

先日完成した成したウェーブ1/72VF-4改造の
1/72V-BR-2。
1985年のバンダイのプラモデル企画「アドバンスド・バルキリー」
にて発表された機体の1つだったんですが
何故か企画は進まずお蔵入りしてしまいました。
その後他の機体の多くはマクロスのゲームに出たり
改修されて他の企画に転用されたりしたのですが
V-BR-2には出番が回ってきません。

そしてオリンピックと新型コロナのダブルパンチで
ワンフェスは長いお休みになりました。
その間も色々原型は進めていましたが
個人的にもちょっと停滞気味でなかなか作業が進みません。

そこへマクロスプラモメーカー合同企画
「第五回マクロスモデラーズ」の開催です。
レギュレーションはマクロスのプラモを使う事。
だったら以前から考えていたV-BR-2を作ろうと。
応募もツイッターだから楽だし。
んな感じで結構行き当たりばったりで製作開始。
途中数度放り出しそうになるものの何とか完成。
嬉しげに写真を撮ってツイッターにあげたら
まあまあお気に入りしてくれた方がいた事は
本当に嬉しかった。多謝。

締め切り後数日して
版権元で主催者のビックウエスト様からDM。
最終選考に残ったので現物を送れとの指示。
送ることなど考えずに作っているので
送った際に壊れないようにと四苦八苦。
…まあ壊れて到着して修理してもらったんですが。
梱包中にも崩壊していて送った後でパーツが出てきて
速達で送ったりとドタバタは続きました。

結果、改造元のVF-4のメーカーさんであるウエーブ様から
「ウエーブ賞」を頂きました。
ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

その後にYouTubeで入賞作品の発表をする
生配信番組があったのですが
当日デザイナーの河森正治先生は体調不良で欠席。
ウェーブの担当さんも欠席という中、
ウチの機体の出番がやってきました。
案の定マイナー機すぎで
誰もコメントが付けられないというありさまですよ。

終了後参加者だったマックスファクトリーの竹下様に
ツイッターでコメント頂けました。本当に感謝。
1

V-BR‐2  模型

ほぼ1年ぶりの更新です。
オリンピックと新型コロナのおかげで
ワンフェスがお休みになっちゃって
原型制作にもイマイチ身が入らない日々を送っていました。
模型の完成品もパチ組みばかりで
ダメダメな日々を送っていましたよ。
そしたら年明けにマクロス模型製作会社による振興会
「マクロスモデラーズ」がツイッター上で
コンペをするとのお話が!。
ウチ、マクロス模型作って長いんですが
ワンフェスに出るという事があるので版権が降りるものしか
完成させられないというやっかいな病に取りつかれていたんですよ。
今回のコンペは「マクロスモデラーズ加盟会社のキットを使用」という
レギュレーションがあるので
以前から考えていたネタを実行することに。
このブログで昔ネタとして書いたのですが
V−BR−2はVF−4と基礎フレームが共通という
脳内設定をそのまま模型化してしまおうと。

積んでいる山からウェーブの1/72VF−4を出します。
本体部分を貼り合わせてバランスを見ます。
今回ほぼ図は描かずに行き当たりばったりで製作です。

クリックすると元のサイズで表示します


いきなりぶった切って延長です。

クリックすると元のサイズで表示します


この後、工作が進むともう1辺ぶった切って延長しました。

クリックすると元のサイズで表示します


機首左右の張り出しを付けると
なんかサイバーフォーミュラっぽく見えます。
更に各部を本体に合わせて作っていきます。
ここらへんは強引にプラ板とシアノンで作っているので
写真撮ってる余裕がほぼありませんでした。
機体の右側を作って形を整えてそれに合わせて左側を作るという
もの凄く手間がかかる手法で作っています。

クリックすると元のサイズで表示します


3枚目と4枚目の間は1か月半ぐらい開いてますね。
ひたすらプラ板貼って強引に形状出しして
240番のペーパーで表面処理です。
サフ吹いて320〜600番のペーパーかけて
細かいところは見ないふりをして
スジ彫りを入れて塗装してデカール貼って
クリア吹いて表面1500番で均して
半光沢クリアを吹いて完成ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します


何年かぶりの完成品に大満足ですよ。
1

緊急入院  病気/健康

いやあ〜またまた緊急入院してしまいました。
なんとか10日ほどで退院してきたのですが
実は未だ傷いえずってトコでして…。

自転車に荷物を積んでいたらバランスが悪くて
倒れてきたのがぶつかるという
普通の打撲だったはずなんですが
運悪く深いところで膿んでしまいまして
腫れあがってしまって
近所の医院行ったら大きなところに紹介状書かれて
そちらへ行ったら、そのまま入院ですよ。

一部を切開して〇〇を✕✕して
縫合は無しで自然治癒待ちという
とっても痛い感じでしたよ。
1

ワンフェス2020冬(事後)  ワンフェス

いや〜今回は制作に余裕なくってHPもこのブログも更新できなくって
全くの事後ですよ。

今回のワンフェスの新作は本当に久しぶりの
1/144スケールの新作のF-101Bブードゥーでしたよ。
核ロケット弾迎撃機ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
おかげさまで持ち込んだ8割はお買い上げいただけて
ありがたい限り。
もう一つは準新作のRF-101Cブードゥーでしたよ。
なんで『準』かというと
TACの初期製品のRF-101Cを101Bに合わせて直しているうちに
ほぼ作り直しになってしまったからなんですな。

クリックすると元のサイズで表示します

一部のパーツの型を作り直して
近々XQ-58と一緒に発売となります。
その際はよろしくお願いします。
1

XQ-58A ヴァルキリー  ワンフェス

クリックすると元のサイズで表示します

前回載せた原型が原型を留めないほど改修されて完成した
TACとしてはイベント向け架空機を覗いて初となる
1/72スケールのキットです。

クラトス ]Q-58Aヴァルキリー

販売価格は3500円(税抜)
今回ワンフェスに持ち込む分は
特価3000円とさせていただきます。
1

新原型  原型製作

とーとつに1/72でQX−58Aヴァルキリーです。
新原型ですがそのまま商品化とはなりません。
商品化予定のたたき台といったところでしょうか。
なにせ資料が少なくって。
着陸脚とかどーしたもんだか。

クリックすると元のサイズで表示します
2

ワンフェス2019冬  

すっかりブログ書かなくなっちゃってますね。
そうしてまたしてもワンフェスの告知ですよ。

卓a@7-15-10 「TAC & ちゃわんむし」
『テクノポリス21C』より
テムジンを輸送していたノースロップC−21Bですよ。
価格は13000円。

クリックすると元のサイズで表示します

原型の時点でデザイナーに見ていただいて
「これに文句をつけられるのはジャック・ノースロップだけ」
というお言葉を頂いております。
1

新作  原型製作

まだ新体制に移行できていないんで
丸々新規原型とか作れないんですが
やはり改修ばかりでは飽きてしまうのです。
なのでちょっと新作の構想を始めました。
…でも版権物でなおかつ版権取れないんですよね。
個人的習作というかおみやげ用少数生産の原型つーか。
まあそんなかんじになるかと。

クリックすると元のサイズで表示します
0

不審  

どうもアパートの住人の一人が
オヤジが死んだどさくさを利用して
ひと月分家賃をごまかそうとしているっぽい。
普段から問題の多い住人なので
疑わざるを得ない。
普段の行動が信用できないんだものな。
0




AutoPage最新お知らせ