2009/9/30

最後の日  教育・学校・教師


 今日、9月30日は私たちにとって特別の日です。4月1日に始まった平成21年度のちょうど中日、年度前半の最後の日なのです。明日からは21年度後半、残りの半分が始まります。

 毎年このお話をしていると思うのですが、いくらなんでも1年生はそろそろ100%小学生になっていなければなりません。1年の半分も終わって、未だに幼稚園気分を引きずっているようでは恥ずかしいです。

 2年生も3年生も4年生も、それぞれ自分の学年にふさわしい人間になっていないと、1学年飛ばした感じで次の学年に上がらなくてはなりません。

 6年生は小学校で過ごす6年間の「12分の11」が終わる日です。明日からは最後の「12分の1」が始まります。「終わり」の始まりです。

 さまざまな行事で突っ走ってきた日々が終わり、落ち着いた半年が始まります。小学生の自分に、そろそろケリをつけなければなりません。

 5年生も焦らなくてはなりません。モデルとなる6年生を見ていられるのも半年しかないのです。ウカウカしているとあっという間に最上級生。下の学年の子から、「あれもこれもできて当然」といった目で見られますから、相当にヤバイです。

 私も、今年めざしたことが本当に達成できるか、頭の中で計算して行きたいと思います。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ