2017/1/26

「更新しました」  教育・学校・教師



「キース・アウト」

2017.01.26
男性保育士の女児着替えで大論争 「やっぱり抵抗が...」女性芸能人ら続々





0



2017/1/29  8:12

投稿者:SuperT

PV3taro様
コメントありがとうございます。
男性保育士を忌避する保護者の児童は入園順位を下げるというアイデア、思いつきませんでした。
確かに、
「当園では十分な人員配置ができないため、男性職員にも園児の男女の区別なくオムツ交換・着替えをさせざるを得ない状況にあります。
 従って男性職員によるオムツ交換および着替えが困難というお子様については入園はご遠慮いただくこととしています(ただし定員に空きがある場合はこの限りではない)。その点なにとぞご了解の上、ご了承ください」
とでも言えば表面上は角が立たず(内心イラッとさせるかもしれない)告知することができるかもしれません。

 民主主義は多数決が原則ですが、日本のような奥ゆかしい国の場合、多数決で少数派を踏みにじることに罪悪感を持ちすぎる傾向があります。そのためしばしば「騒がしい少数派」の意見が、現実性もないのに通ってしまいます。そして全体としては不利益を被る――。
「男性保育士にはおむつ交換・着替えはさせない」なんてことを原則にすれば職員確保にブレーキがかかり、結局、「ウチの子」が待機児童になる可能性が増すだけですよね。
(でもウチが必ず待機児童になるってわけじゃないから・・・ってことですかね?)

2017/1/27  22:38

投稿者:PV3taro

久しぶりにコメントします。こんなことは当然考えていらっしゃるでしょ
うが。

1)男性保育士が女児の着替えやオムツ替えをしてもいいかどうかを、入
所申込書に書かせる。何歳以上は希望しない、とかも書かせる。
2)1)の申込書をスタートするとき、男性保育士がいる保育所には、そ
の子供は入所できないということを市長はあらかじめ明言する。
3)なお、待機児童を減らすために、保育士は男性であっても最大限採用
することも宣言する。保育士不足なんですものね。現にそうしているから
こういう問題が出ているのだと思います。
4)男性保育士は一カ所に固めたりせず、まんべんなく配置する。地域的
に差があるのは好ましくないので。
5)必然的に、男性保育士を拒否する女児童が入所できるところは減る。
6)拒否した女児童は、待機児童にカウントしない。(たぶん今でも遠い
から、などの理由で入れるのに入らない児童は待機児童にカウントされて
いないと思う)
7)私立の保育所などに「女性保育士しかいません」ということを売りに
する保育所が出てくるでしょう。男性保育士を拒否する女児堂はそちらを
選んでもらう。
8)ある年齢以上になったら拒否の場合は、当然その年齢になったら退所
していただく。

保育所が余っていて、入所を希望する子供が少ない状態(供給>需要)の
場合はいろいろ要望を聞いて呼び寄せることも必要でしょうが、今は保育
所の方が少ないのですから、高い希望を言う人は後回しなのは当然だと思
います。

そのうち、小学校でも「女の先生でないといや」「男の先生でないとい
や」という奴がでてくるに違いない。

また、「全員男性じゃないのだから、うちの子だけは女性保育士が担当し
て!」というわがままは許さない。それこそ差別である。

まぁ、そういう割り切りができないから、こういう問題になるのでしょう
けど…

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ