2006/11/22

勤労感謝の日  歴史・歳時・記念日

 明日は勤労感謝の日です。国民の祝日の一つで『国民の祝日に関する法律』(祝日法:1948年公布・施行)では「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあうことを趣旨としているそうです。生徒には「お父さん、お母さんやお祖父さんお祖母さんなど、世の中のために働いてくれる人に感謝する日」と言ってあげるといいでしょう。父の日や母の日、敬老の人と異なるのは、すべての働く人に対する感謝という点かと思います。
 11月23日というのは戦前の新嘗祭(にいなめさい)の日付をそのまま改めたものです。明治時代はじめまでは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていたのですが、1873年の太陽暦導入の際、新暦11月の2回目の卯の日に行うこととし、それが11月23日だったそうです。翌年の第2卯の日は別の日付でしたが、新嘗祭は前年と同じ日に行われ、以降11月23日に固定したといいます。つまり11月23日という日付自体には意味はないのです。

 さて、私たちより上の世代にとって11月23日はある事件のために非常に印象深い日となっています。1963年のこの日、翌年に控えた東京オリンピックのために世界初の衛星放送が行われることになっていたのです。その記念すべき放送でアメリカ大統領がお祝いのメッセージを伝えることになっていたのですが、まず最初に飛び込んできたのは当のケネディ大統領が暗殺されたというニュースでした。まだ午前4時だというのに、あわてた母が兄をたたき起こしました。兄はアメリカ大統領の死と日本の小学4年生とどういう関係があるのか分からないながらも、何かたいへんなことが起こっているという雰囲気にかなり興奮したと言っていました。
 1963年11月23日はケネディ大統領の命日です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ