2007/4/19

あとみよそわか  教育・学校・教師


 職員室の黒板の上に「あとみよそわか」と書いた紙が張ってあります。どこの学校にもどこかに必ず貼ってあるものですから知らない人はいないのですが、きちんとした説明を求められると戸惑います。そこで改めて調べてみました。

 「あとみよそわか」は幸田文が繰り返し書いた父親・幸田露伴の話の中に出てくる言葉です。幸田家は著名人を次々と輩出した家柄ですが、露伴は文の才能に早くから見切りをつけ、
「おまえは学問や芸術には向かない、お金を稼ぐ人になるのも覚束ないだろう。そうなれば、あとは並みの家庭を築いていくしかない」
と言って家事・雑用を仕込むことを宣言するわけです。幸田文は早くに実母を亡くし継母ともうまくいっていませんでしたから、露伴自身が仕込まなければならないと考えたのですが、男の掃除ですから半端ではすみません(普通、男というのはめったに掃除なんかしないのに、始めるとマニアックにやりすぎるところがあります)。はたきのかけ方から雑巾のかけかた、箒のつかい方、台所仕事まで徹底的に絞ります。その様子は「あとみよそわか」という短文の中に少々滑稽に書いてあります。

 こうした教育を格物致知(かくぶつちち)の教育というのだそうです。物にふれて物の意味を知っていくということですから、露伴は単に掃除を教えるのではなく、掃除を通して物の意味を理解させようとしたのかもしれません。

「あとみよそわか」の「あとみよ」は「跡を見て、もう一度確認せよ」、「そわか」は成就を意味する梵語だといいます。江戸時代の本にも「後看世蘇和歌」とあるので露伴の造語ではなく、露伴の教養を示すものでしょう。単に「掃除が終わったらもう一度あとをみなさい」というのではなく、徹底的に物から学んだあとでさらに学び残しがないか、もう一度確認しなさい、といった厳しい教えのようです。


76



2013/8/28  7:16

投稿者:SuperT

 確かに、教員は本を読みません。
 週刊誌や新聞も読みません。
 もしかしたら今もやる気を失わず、一生懸命頑張れるのは、週刊誌や新聞を読まないせいかもしれません。私はメディア・チェックを怠らないので、しょっちゅうメゲてしまったりしています。
 
 今年4月に「デカルト先生とクリスティーナ」で書きましたが、本来、学問はたっぷり時間がないとできいないのです。
 みんなで評判の新刊本について話ができるような環境だといいのですが、いまは全員、目の前の仕事に血眼になっていて、とてもそれどころではありません。
 情けないことです。そして間違っています。

2013/8/27  11:21

投稿者:通りすがりの徐

全国の小学校と中学校の両方で国語の優れた文章の模範としても掃除の心構えの基本としても人生訓としても『あとみよそわか』は教えるべき文章だと思います。
教師ですら大概知らないようですから、情けなくなります。
「読書をしないからお前はバカのままなのだ」と露伴は娘に仰ったようですが、今の教師の大概にも当てはまるのではないでしょうか・・・

2011/1/4  15:30

投稿者:SuperT.

>私の正体は、バレバレですね。

すみません。
それがなかなかバレバレではないのです。

候補が3人いて、98%そのうちの一人だと思うのですが、外したら恥ずかしいのでもう少しヒントをください。

ハハ


2011/1/2  22:55

投稿者:しょこたん

いま、ひまだから。とうぶんやすむかも。

野うさぎが動くのを見たんです。5年ほど前に。
陸上競技の3段跳びの選手も真っ青。
一回に6メートルはとびましたね。

その連続が4回ぐらい続いて最後は
3メートルはあろうかという岸に
飛び上がって林の中に消えました。
興奮しました。
シートン動物記には、茨の中に隠れる
うさぎがでてきます。犬は入れません。

中を楽しく読ませていただきました。
可愛い「茶色の媚びん」はパクリません(笑
猟師は、長い耳を羽に見立てて
役人に罪を許してもらったのでしょう。

わたし、かなりへそまがりです。
正月です。『動いても黒豆!』

2011/1/2  22:25

投稿者:しょこたん

ご挨拶ナシに、投稿しちゃいました。
私の正体は、バレバレですね。
「ソワカ」≡「願いが届きますように」

今年・・・から、よろしくお願いします。
囲碁初段ですのでしょこだんです(藁
相川翔子あるいは
哀川翔を気取っています。

2011/1/2  22:07

投稿者:しょこたん

廊下の掃除のことですね。あやさまは
「出来た!」と思って報告したところ
この言葉を聞いて、不十分だったと気づきます。
女としては、口惜しい。弁当のから揚げにも
注文つけられ、サンザン(W

とある、お菓子製造所の壁にも
「あとみよそわか」が貼られてました。
床掃除は毎日していて清潔でした。
おもに水羊羹ゼリーです。
北海道に空輸しているとか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ