2006/11/30

崖っぷち  教育・学校・教師

 10年ほど前、ある小説を読んでいたら歯痛のために自殺した男の話が出てきました。それからしばらくして、まったく別の作者の小説に同じ話しが出てきてびっくりしたのですが、これは剽窃というより、二人がたまたま新聞か何かで目にした、現実の事件があったからなのでしょう。

 人は歯痛によって自殺することはあるのか?

 たぶんそれはあると思います。心が悲しみや苦しみではちきれんばかりにいっぱいになっているとき、歯痛という最後の一押しが心を破裂させることは大いにありそうなことです。あるいは何かの事情でフラフラと崖縁まで来た人、いつでも飛び降りるだけの心の準備のできている人は、横から指で少し押すだけであっけなく崖下に落ちていくに違いありません。最後の決断を自分でしないですむ分、それはあっけないことなのかもしれません。

 例えば今日のこの日、クラスに集まる同級生たちは様々な思いを抱いてここにいます。崖なんか見えない広い野原で呑気に遊びまわっている子もいれば、小さな崖の近くでぼんやり立ち尽くしている子もいます。子どものサインを見落とすなという言い方がありますが、無言で発信しているサインなどそう簡単に見えるものではありません。他のこと同じように軽く押しただけだといっても、相手が崖から落ちてしまえば言い訳にはならないのです。

 根拠はないのですが、最近のいじめー自殺問題の発端となった事件のひとつ、岐阜県瑞浪市のバスケットボール部の女の子の場合も、たぶんそんなふうだったような気がしています。彼女は強い子でしたから、いじめの犯人とされる4人の子たちからすればあの程度で死なれるとは思いもよらないことだったでしょう。しかしだからといって、彼女の心のありようを考えずに意地悪な言葉をかけたその子たちが罪が消えるわけではありません。

 他人には私たちには思いもよらぬ心のありようがある・・・小学生の子たちには無理にしても、中学生はそろそろ分かっていいはずです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ