Spiritと一緒

Bacchettaとも一緒

 

このページは

リカンベントバイク Bacchetta Cafe HP Velotechnik Spirit と一緒の日々。書いているのは「きすか」です。メールはこちらへ。

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:テン
L2D CEのレポとても勉強になりました。

>だって、自動車ではL2D CEよりももっともっと明るいライトを実装しているのに、そんなこと言わないでしょう。
自転車での眩しさの問題は自転車が主に通る歩道や狭い道路は車道ほど明るくないという点が最大の問題かと思います。
薄明かりの中で明るいライトを照らされるより、暗がりで明るいライトを照らされるほうがまぶしく感じますから。
(車でトンネルを抜けた時に目がくらむのと似ているかな)

それと歩道の道幅が結構狭く、自転車同士がすれ違う時にかなり接近することもライトが眩しいと怖い一因かと思います。
暗がりで光の後に立った人のシルエットが見えないのと同じに相手の幅を目で確認できませんから。
(そのために車には車幅灯が付いているわけです)

特に多摩川サイクリングコースのような街灯の殆ど無い道幅が狭いコースで対向車のまぶしいくらいのライトはとても怖いです。
自分は車幅灯のかわりに右肩に偏光器付けた小型ライトをぶら下げて走っています。
投稿者:管理人A
>通りすがりさん
そんなスペースは、やっぱりありませんけども(笑)、
なるほど、そんなやり方もあるんですね。
勉強になります。
投稿者:とおりすがり。
そんなスペースはないかも知れませんが
NiMhに並列にショットキーバリアダイオード
を入れておけば片減りから逆圧がかかっても
転極にはいたらないで済むと思います。
そんな小細工するスペースあればですが。
投稿者:管理人A
>ジャイ海苔さん
いらっしゃいませ! ご賛同ありがとうございます(笑)。
多摩川でも灯りのほとんど無いところが結構あって、そういうところでは明るければ明るいほどいいですね。
投稿者:ジャイ海苔
>L2D CEはいくつか問題もあるが、全て運用でカバーできる

これは同感です。
もちろん問題点もあるし改善して欲しいけど、現状で
一番使い易いと思ったのがコレでした。
荒サイなどでは、本当に買って良かったと実感できます。
投稿者:管理人A
>名無しさん
>
>「明るい」と「眩しい」は違います。
>L2Dは自動車のライトより眩しいですよ。

ふむ、と思ってちょっと勉強してみましたよ。
少し分かってきました。そのうち、また記事を書きますね。
ありがとうございます。

ところで、せっかく書き込んでいただくのですから、コミュニケーションが成立するように、次からはここでは「名無しさん」はやめませんか?
投稿者:名無しさん
「明るい」と「眩しい」は違います。
L2Dは自動車のライトより眩しいですよ。
投稿者:管理人A
alaris540さま
ありがとうございます。
早く自転車ネタに戻したいんですが、イナーシャついちゃって。
Rebelって何何?
またよろしくお願いします。
投稿者:alaris540
L2D CE及びNi-MHに関する貴重なテストデータ&考察有難う御座います。私も早くFenix欲しいです。Lumiledsの最新作・Rebelにも期待。

>自転車用のライトとして、あまり明るすぎると…いないのだから。
コレ、私も自分のところで書くつもりでした。ハイ/ロービームの切り換えはMoonShine HIDでやってみたいです。

http://alaris540.cocolog-wbs.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ