・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/6/22

いつも貴方は突然に  ニューヨーク日記’17

独断と偏見を承知で書けば
ニューヨークには、春がない。


今年この街に来たのは6月1日。
まだまだ肌寒く、夜はユニクロのモコモコしたフリースと厚ボアのスゥエットが手放せなかった。
例年の想像を超える寒さに震えながら街を歩き、そこらのショップでセーターでも買おうかと思ったことも一度や二度ではない。
ウールのストールを命綱に、毎日ウロウロと歩き回っていた。


それがですよ奥さん!


ある日突然やってきた夏!
灼熱の太陽、排気口からのむせるような熱風、飛ぶように売れるアイスクリーム(5ドル)。
犬公園(ドッグランね)でワンちゃんはグワードシャーバサーと水浴びをし、人々もセントラルパークに集い、日光浴に精を出す。


いやね、いいんですけどね。
もう少し何かこう、予告というか、予感というか、ないものでしょうか。

それはまるで感情表現がはっきりとしていて、日本人感覚でいう曖昧、とか空気を読む、とか逆立ちしても理解できないのでは?とさえ思うアメリカ人のように分かりやすく、逆に一種の清々しささえ感じさせた。


ニューヨークの夏が、やってきた。


ブルックリンにあるOKシャッター。毎年通ってしまう。
クリックすると元のサイズで表示します


グランドセントラル駅。
クリックすると元のサイズで表示します


ひなたぼっこをする人々
クリックすると元のサイズで表示します


いやん(´∀`)
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ