・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2014/6/13





緑のワンピース、緑のスカーフ、緑のカバンをまとい、まるでみどりむしになった気分で向かうのは、毎度おなじみブロードウェイミュージカル「Wicked」。

http://www.wickedthemusical.com/broadway-tickets

毎年このことは書いているのでさすがに内容は割愛するが、小さなところがマイナーチェンジしていて、「おっ!今年はそう来ますか奥さん」とホクホクしながら楽しめるのもマニアックな観劇の仕方。何度観ても夢から覚めない、まるで麻薬のようなお芝居だ。


途中の休憩時間は、出口に近い席だったのをいいことに一番乗りでカクテルカウンターに行き「何か緑色のやつ作ってください」と放つ始末。
身体の中まで緑に染まってどうするというのか。


たくさん笑って、たくさん泣いて。
観劇は、私にとって確かなデトックスだと思う。

怪しい緑色の東洋人が踊りながら劇場から出てきたら、きっとそれはスーベニールだ。
そこに流れる涙が緑色でないことが、せめてもの救いである。



クリックすると元のサイズで表示します





2014/6/14  9:39

投稿者:スーベニール

早苗さん
日本は、劇団四季のやつですよね☆このバージョンも好きで
す。
ニューヨークにお越しの際は是非みどりむし観劇をどうぞ*\(^
o^)/*

2014/6/13  23:05

投稿者:早苗

みどりむしですか…見たい!(笑)
日本ではウィキッドを観たことがあります。また観たい1つです♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ