・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2012/7/11




(相変わらずのスーベニール日記です)




ちょっと、旅をしてきました。ボストンへ。


ニューヨーク=ボストン間は東京=名古屋くらいの距離。
旅行者の需要も多いため、アメリカ東海岸では多くの高速バス会社がこの路線を売り出しているらしい。

そんな中から予約した格安バス会社「BOLT BUS」。片道4時間半をまさかの13ドル(約1,000円)で行けるという魅力と恐いもの見たさが相まって、クレジット決済ボタンを押してしまった。


そしていよいよ乗車当日。
結論から言えば、










思いのほか快適だった。

車体に車窓にどんな落書きがされていても、座席がひっくり返りそうなガタガタ具合であっても受け入れる覚悟ではいたが、逆に快適すぎて拍子抜けしてしまった(なんて贅沢な)。


そして今回は日帰りのためボストン滞在は実質6時間のみ。計画的に効率良く回らねばならんぜよ。
と思った矢先、バスターミナルから地下鉄への道を思いっきり明後日の方向へ進み自分を見失い、泣きついたボストン市民に「あらあら地下鉄ならまるっきり反対側の道よハニー」と返される始末である。



さて、ボストンといえばご存じの方も多いかもしれないが、アカデミックな要素たっぷりな街。アメリカで最古に設立されたハーバード大や、数駅離れたところにあるMIT(マサチューセッツ工科大 Massachusetts Institute of Technology)。そういった結果により、当たり前だが学生が多いのなんのって。若人が多いと活気があるねい。

また、どちらの学校も広く広く市民に開かれており、ジムやプールでは市民向けスクールの開講、キャンパス内の芝生で普通にピクニックをする家族やご老人などが印象的だった。
あと、MITで一番心奪われたのが個性的な校舎の数々。
建築学科の卒業生が設計したのだろうか。まるで近代美術館に迷い込んだような高揚感に包まれまくった。


もう少しゆっくり眺めていたかったけれど、帰りの時間の都合があるので学舎を後にする。

しかしながら、その後帰りの出発便まで色々めぐりまわる予定があったにも関わらず、路線バスを思いっきり乗り間違え(またか)、大幅なる時間のロス。オイスターバーに寄ってオイスター半ダースとクラムチャウダーを味わうのが精いっぱいだった。


そしてどんぶらこと4時間半の格安バスに揺られて、ニューヨークへ戻ってきたベニール。

レッドソックスにもレッドロブスターにも縁がなかったが、マンハッタンの摩天楼が見えてくるとなんだかとっても安心した。レッドライン(宿まで一番便利な地下鉄の線)に豪快に揺られ、無事ショートトリップを終えたのでした。



↓格安ボルトバス。
クリックすると元のサイズで表示します


↓今から出発でーす
クリックすると元のサイズで表示します


↓ハーバード大にて。芝生。
クリックすると元のサイズで表示します


↓同じく。掲示板。
クリックすると元のサイズで表示します


↓MITの学食にて。よく見ると牛が学帽かぶってます。
クリックすると元のサイズで表示します


↓同じくMIT。この建物大好き!
クリックすると元のサイズで表示します


↓数学を愛する学校ならではのオブジェ
クリックすると元のサイズで表示します


↓路線バスで迷ったときに発見。この管は一体。。
クリックすると元のサイズで表示します


↓オイスターバーのカウンターにて
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ