・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2012/7/5

ニューヨークで入浴(後編)  ニューヨーク日記’12



↓前編はこちらから
http://air.ap.teacup.com/souvenir/1235.html

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ニューヨークでアカスリ。
凄くミスマッチな響きだが、何事も経験である。


私の担当になったのは恐ろしく恰幅のよろしいコリアンのおばちゃん(モニカさん)。よろよろよろしくおねがいいたしますと全てを委ねること約1時間。





「ああもうすみません私が悪うございました」と何度脳内を巡っただろうか。

アカスリ自体の腕は確かだと思うのだが、それ以上に大爆笑と羞恥心との戦いであった。しかも最後に頭のシャンプーして下さるのは嬉しいのだが、原液が左耳のなかに思いっきり入り、決定的な気持ち悪さに一人でのた打ち回る結果に。何か知らんけど凄く体力を使ってしまった(汗)




その後フラフラになりながら(コースに含まれていた)フェイスマッサージとパックへ。こちらもモニカお姉様が担当である。

「cucumber special」と言われたのでキュウリ成分のクリームか何かだと思っていたら、本当にきゅうり(の輪切り)パックだった。
自身の顔の上に大量に乗せられたキュウリ祭りの有様を客観的に想像したら吹き出しそうだったので、なるべく意識を遠くに置いておくのに苦労した。でも、モニカさんのいない間にこっそり食べてみたら美味しかった。


最後のメニューでもあるボディマッサージは普通に(!?)気持ちが良かった。
これまで散々蒸されて磨かれまくった身体に適度な指圧が染み渡る。終わりよければ何とやら?


入館+サウナ2種+浴槽(ぬるい)+アカスリ+シャンプー+顔面マッサージ+きゅうり(の輪切り)パック+ボディマッサージの流れで約6時間。
癒されたのか疲れが増進したのか絶妙な謎も残りますが、芸の肥やしに(?)たまにはよいでしょう。


というよりむしろネタに始まりネタに終わったニューヨークの入浴体験。
日本に戻り、浴槽に戻ってまいりました。ふやけるまで浸かるお風呂の、なんと幸せなことでしょう。

大きな仕事を終えた後には、スーパー銭湯で特にリラックスするのが好きな私。この国に当たり前にある風呂文化は、ほんとうに有難いなあと思うのです。テルマエロマエも、早く見に行かなくっちゃなあ。まだやっているのかなあ。


以上、スーベニールのニューヨーク的入浴レポートでした。


↓お風呂上りに近くの韓国料理屋で頼んだソルロンタンと大量のキムチ。美味しかった。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ