島谷的見聞録

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:A地点からB地点
渋滞学実験でループ走行していたが、入ることも出ることもできない閉鎖した道路の同じところを何度も通過するなんて公道ではあり得ないから現実と異なる。その結果を一般道に当てはめるには、走行する車の台数が制限されているという前提条件があることを忘れないで欲しい。この条件ではいくら速度を落としても、通過した台数しか戻って来られないから、つかえることがない。現実離れして参考にならない実験ですね。
投稿者:い
西成教授の理論が机上の空論、というのは本当だ。車間距離を広ければ道路使用の効率が下がり、かえって無駄使いになるし、交通量が増える中でやれば割り込みが増えて渋滞の原因となる詰まりを作ってしまう。彼は、基本的なことを見失っているのだろう
投稿者:あ
減速して車間距離が広がれば一見流量が落ちますが、渋滞になって流量がゼロになるより遥かにマシ。一般ドライバーの思考というか、本質というものが全く分かってない記事で笑ってしまいました。

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在の時刻

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

島谷へメール

ガジェット

メモリーボード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ