2006/1/9

今年初めての山行  ハイキング

<山行報告>
高岳(阿蘇)・・ハイキング

【報 告 者】松井
【日   時】2006年1月8日
【参 加 者】松井(単独)

≪コースタイム≫     
  植木(5:35) 〜〜色見−山鳥駐車スペース(6:30/6:40)――鍋の平キャンプ場(7:25)――日の尾峠(8:07)---東峰(10:55)---高岳(11:10)――中岳(11:30)---倶利伽羅谷上部(12:30)---山鳥駐車スペース(13:55)

≪ 報 告 ≫
 今年(2006年)初めの山としてはやはり熊本の代表的な山を選ぶべきであろう。となると、ヒゴクニ(1592m)の高岳となる。今日は天気も良さそうだし、寒くもなさそうなので、早朝から準備をして出かけた。色見近くの林道では、一部凍ったところがあり少しヒヤッとさせられる。たが、交換したばかりの新しいタイヤは、良く雪に食いつく。1時間あまりで山鳥の駐車スペースに到着。準備を整え、車道を辿って鍋の平キャンプ場を目指す。前原集落の少し手前で左に曲がってしまったようだがなんとかなるだろう。まっすぐ進むと案の定、道は無くなった。少し杉林の藪をこいて、キャンプ場手前の正規の道に無事飛び出した。キャンプ場を過ぎ、日の尾峠に向かう。峠付近は雪道。スタッドレスタイヤの跡があるのみ。まだ早いのか誰もいない。
ここから日の尾尾根登山道へ入る。雪は20cm程度で硬く、登山靴がめり込まないので快適。左手の1248mポイントより高度を稼ぐと、背後の根子岳の形が映えてくる。右手のツベツキ谷を隔てて竜尾根の岩稜が目立つ頃になると、吹き溜まりの雪が深くなり、かつ傾斜が急になってくる。標高1400mを過ぎる頃には股下までの雪の踏み抜きがあり、ますます登高が厳しくなる。傾斜も急で寅ロープが設置してあるところもある。ロープを掘り出しそれに掴まると、体重が分散されるのか踏み抜きが少なくなり結構登れる。だがしかし、ますます状態は厳しくなり10m進むのに10分かかるような感じになる。右に左に昇りやすいルートを選びながら何とか進む。もう限界かなというところで、急に雪質が硬くなり、踏み抜きが少なくなる。喜び勇んで進むとすぐに東峰に到着した。標高1,500m付近でかなりあせったようだ。ここ迄で、1時間以上のロス。
東峰付近では、山頂付近を覆っていたガスも徐々に晴れてきて最高のコンディションとなった。高岳に向かう途中、仙酔尾根から登ってきた一人の登山者に出会う。高岳では休憩もそこそこ中岳に向かう。この途中で数名の登山者とすれ違う。中岳からはルートを南に取る。火口縁を回って登ってきた二人の足跡があった。この付近は雪も少ない。ところどころで、火山性ガスが出ているようなところもある。この付近は過去2回逆コースで通ったことがある。その2回とも強烈な寒さで閉口したところだ。だが、今日は暖かく快適。1496m地点からの高岳の展望が良い。これが肥後の名峰だと実感させられる光景だ。この地点の西側から南西に向かって下る。さらに火口縁を真っ直ぐ西に向かうルートと分かれて、1346mポイントを目指す。もう登山ルートらしきものは無い。が、溶岩塊のガレなので歩くのには困らない。倶利伽羅谷が回りこんだ南側の小さな尾根を越えて下って、少し藪をこくと登山道に出会った。地図上の一般ルートと比べると1km近いバイパスになる。ここから、長い長い登山道〜林道を丸山を左に眺め、元の行儀松付近を通って下ると、やっとのことで朝の駐車ポイントに到着。実質歩行時間は7時間程度とかなりのアルバイトであった。カシミールで測ると、累積標高差1145m、歩行距離17.8kmとなった。だがしかし好天にも恵まれ充実した山行となった。

【 山 域 】阿蘇山−高岳(熊本県)
【 地 図 】阿蘇山、根子岳(1/25000)
【ガイドブック 】なし

写真は、中岳火口縁よりの火口
クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/1/12  7:56

投稿者:キーボウ

ひめちょろさん、CJNさん コメントありがとうございます。

このルート途中までは古いトレースがあったのですが急傾斜になった核心部からトレースがなくなりました。やわらかい雪の上を歩くのは難しいですね。
二人以上いればかなり心強いのですが・・・
天候も良かったので展望は最高でした。
では、

2006/1/11  20:06

投稿者:ひめちょろ

キーボウさん、こんばんわ。
読んでるだけで大変そうな山行でしたね。
でも、とても楽しそうで私も少し雪に埋もれてみたいです。
写真はめちゃくちゃきれいですね〜♪

http://himetyoro.blog12.fc2.com/

2006/1/11  17:16

投稿者:CJN

こんにちは キーボウ
なかなかの雪ですね。私もこの日に栗河内からの馬見山でしたが、登山時間が遅く登山にも雪で時間を食われて途中撤退でした。人の歩いていない雪道は時間と体力が必要ですね。9日は那珂川町の「矢岳」へ簡単ピークハントでした。レポ書いています。

http://homepage3.nifty.com/cjn/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ