2010/11/14

扇山(霧立越)・・・ハイキング&グルメ山行  ハイキング

【日   時】2010年11月13日(土)〜14日(日)
【参 加 者】りりぃ、モモ太、キーボウ
【コースタイム】・・・概略
(13日)
ごぼう畑(11:30)―白岩峠(杉越)−白岩岩峰(12:00)―水呑みの頭分岐−尾前分岐(13:30頃)―馬つなぎ場―平家ブナ(跡)(14:50)−扇山小屋(15:30)
(14日)
扇山小屋―扇山―扇山小屋―平家ブナ(跡)―馬つなぎ場―尾前分岐―水呑みの頭(白岩山)―白岩峠(杉越)―ごぼう畑
 
クリックすると元のサイズで表示します

≪ 報  告 ≫
11月13日、14日は霧立越を歩いて扇山小屋のいろりでのグルメ山行を企画しました。
里芋、こんにゃく、厚揚げ、それに鮎と田楽用の材料を用意して、炭も準備、更に近くの山で伐ってきた竹から竹串とかっぽ酒用の竹筒を作成(ナイフが無くて途中、島地瓶宅に寄って、ナイフを借りて)。
 天候もそこそこ、紅葉も少し遅いようでしたがまずまず。
会山行だけど、メンバーはモモ太さんに、りりぃと少ないけど賑やかなメンバー3人で楽しく歩くことが出来ました。
 ごぼう畑登山口をスタートしたのが11時30分。今日は扇山小屋まで行けばよいのでゆっくりとしたスタートです。登り始めようとして大きな問題が・・・なんと、モモ太さんの登山靴が無い。このルートは岩場や急な上り下りが無いので、サンダルのままでスタート。なんとか、最後まで歩けましたね。
霧立越は快適なルートです。tokuさんやいなけいさんなら1時間くらいで駆け抜けられそうなしっかりとした登山道でアップダウンも少ない。しかも、1600m前後の稜線という九州では他にない縦走路でした。写真のような落ち葉の中を快適に歩けました。

クリックすると元のサイズで表示します

のんびり歩いて、扇山小屋に到着の予定でしたが、平家ブナの手前で北九州からという大人数の団体さんを追い抜きました。なんか、いやな(失礼)予感。彼らも小屋泊まりのようだ。そこで、急ぎ足で小屋に向かう。タッチの差で我々が先に到着。スペースを確保して夕食に備えることとした。
夕食の準備をしていると、宮崎のまっちゃんのグループも到着。
皆さん考えることが同じようで、この夜の宿泊客はなんと28人でした。
土間を使っても、1人当たりは、北アルプスの夏の山小屋と同じくらいのスペースでした。

クリックすると元のサイズで表示します

  まあ、この混雑にもかかわらず、僕たちはしっかりと最高の田楽を楽しむことが出来ました。ゆず味噌最高。きな粉もち最高!もちろん、鮎もね。それに、
竹筒の熱燗も最高でした。

クリックすると元のサイズで表示します

夜には雨が少し降りましたが天気もそこそこでしたね。翌日は早朝に、リリィと二人で扇山山頂往復。その後三人で同じ道を戻りました。帰りには、水呑みの頭まで足を伸ばしました。この辺りは芍薬の季節には最高のようですね。
皆さんお疲れさまでした!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ