2005/11/29

根子岳西峰  バリエーション

<山行報告>
根子岳−西峰(阿蘇)・・バリエーション

【報 告 者】松井
【日   時】2005年10月30日
【参 加 者】松井(単独)

≪コースタイム≫
     
  植木(8:00) 〜〜西合志町経由〜〜高森町〜〜鍋の平キャンプ場(9:40)――日の尾峠(10:10)――西峰(縦走路入口)(10:50/11:00)---西峰基部(11:00)---西峰山頂(11:20)---西峰基部(11:30)---鍋の平キャンプ場(12:20)

≪ 報 告 ≫

紅葉に誘われて、根子岳に行って来ました。数年前「肥後の赤牛」さんが開拓されたという西峰から派生する南尾根経由にトライしようと思いました。鍋の平キャンプ場から日の尾峠方面に歩きながら取り付き点の目印を探しました。一つの大きな木に黄色いテープが巻いてあるのが見えました。近くに行って確認しましたが、その先が良くわかりません。仕方がないので下山ルートにしようと思い、一般道のある日の尾峠へ向かいました。日の尾峠では3台車が駐車してあり、西峰か高岳のどちらかに向かったものと思われました。
登山道を一気に西峰へ向かって登ります。山頂近くになると山肌の紅葉がきれいです。この時期がほぼ紅葉のベストかもしれません。今日はデジカメを忘れてきたので残念ながら写真はありません。西峰山頂の北側の「進入禁止」の目印からすぐに南側に下り、東側から西峰を巻いて行きます。テープはもう古びていて数も少なく、踏み跡もごくわずかです。枝を鋸で切った跡があるのでルートだとわかります。10分程度巻いて、南側の尾根に出ました。そこに、西峰山頂への標識があります。「中級以上、20分」って書いてあったようです。岩場に固定されたロープ伝いに登って、藪をこくと10分あまりで山頂に到着。遮るもののない展望が開けます。天狗やローソク岩に取り付いているクライマーの姿が見えます。結構大勢のようです。紅葉は山の口谷側がきれいです。
展望を楽しんだ後、看板のところまで戻り、南尾根を下ることにしました。少ないけどところどころに黄色いテープがあります。忠実に尾根を下って行きましたが、途中登り返しがあるところで西側の斜面に踏み跡が見えたのでピークを避けて巻いているのだろうと思い斜面を降り始めました。しかし、すぐに踏み跡は不明瞭に「間違った」と思いましたが、下の方に牧草地が見えているので藪こきで下ることにしました。結構茨の多い藪でしたがわりと簡単に牧草地に出て、日の尾峠に向かう林道に戻ることができました。正解は忠実に尾根を下ることだったようです。先ほどの黄色いテープのある木から北へ500mくらい登った地点でした。というわけで取り付き点も結局あいまいなままになってしまいました。
鍋の平キャンプ場に到着し、すぐに帰宅しました。天気も良く、快適な山行でした。

【 山 域 】阿蘇山域(熊本県)
【 地 図 】根子岳(1/25000)
【ガイドブック 】なし
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/7/8  8:10

投稿者:西上

西峰から鍋の平へ下るログ見ました。4月に鍋の平から西峰を目指して登ったのですが、小学生もいたので西峯まで最後の直線で200mくらいの所のピークで引き返しました。ここから西峰までのコースは、難易度はどうでしょうか。秋にまた挑戦しようと思っています。たぶん藪こぎをされた地点のピークまで登っていると思います。このピークからの下りが急で断念しましたが、ルートはしっかりしていました。何か情報があれば教えてください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ