2006/11/24

瀬の本登山口から扇ヶ鼻  ハイキング

<山行報告>
扇ヶ鼻(九重山系)・・ハイキング
【報 告 者】松井
【日   時】2006年11月24日 (日)
【参 加 者】松井(真)、(清)

≪コースタイム≫     
瀬の本登山口(12:25)〜岩井川岳台地(13:45)〜扇ヶ鼻(14:15/14:55)〜瀬の本登山口(16:00)

≪ 報 告 ≫
今日は何とか天気が持ちそうだったので、女房の体型改善のトレーニングを兼ねて二人で久住に向かった。
ミルクロードを通って、瀬の本を過ぎ1kmあまり進むと岩井川岳登山口に到着。
登山届ポストも設置してあるきちっとしたコースのようだ。登山届に記入して林道を奥に向かう。一旦ヘアピンカーブを曲がって尾根筋に出て杉の植林帯の道を真直ぐ上へ。
植林帯が途切れた辺りから本格的な登山道に変わる。
登山道には道標などは無いが、よく踏まれた道で赤テープもところどころにあり分かりやすい。天然林(二次林?)の道を詰めると左手に小田川の源流を挟んで沓掛山から久住に延びる
稜線が見渡せるようになる。
【快適なルート】
クリックすると元のサイズで表示します

更に進むと右手には岩井川岳の大地が広がる。きつね色の茅がきれいだ。はるか向こうに雲海のかなたに阿蘇の高岳・根子岳のピークがちょっとだけ顔を出している。
ここまでは、すこぶる快適なルートだ。
右手の大地を見過ごし、扇ヶ鼻の登りにかかる。ここも、潅木帯の明るい疎林のルートだ。春や秋はさぞかし気持ちが良いことだろう。
この坂道を登り詰めると。向かいに星生山が望める稜線に出た。星生山は雲海の中にすっきりと浮かんでいる。
【星生山と雲海】
クリックすると元のサイズで表示します

稜線に出て右手に5分も進むと、扇ヶ鼻の山頂だ。東側に目をやると久住本峰や中岳はすぐ近くに望める。が、なぜか迫力の無い風景だ。
【扇ヶ鼻山頂を望む】
クリックすると元のサイズで表示します

ここで昼食。暖かいカップ麺でゆっくりと温まった。今日はここまでで下山。
登りのルートをそのままピストンで瀬の本登山口へ。
今日の歩数は17,000歩だったよう。
少しは脂肪の燃焼に役立ったかな。天気もそこそこ、暑くも寒くも無い快適なハイキング日和でした。紅葉には遅すぎましたが・・・

6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ