2006/10/15

英彦山ハイキング  ハイキング

<山行報告>
英彦山(福岡)・・ハイキング
【報 告 者】松井
【日   時】2006年10月15日(日)
【参 加 者】(L)山道、増本、中野、荒木、今林、ACQ、松井
        
≪コースタイム≫     
別所駐車場(9:45)〜奉幣殿(10:00)〜中岳(10:56/11:13)〜南岳(11:19/11:27)〜鬼杉(12:12/12:55?)〜玉屋神社(13:27)〜奉幣殿(14:15/14:30)〜別所駐車場(14:48)

≪ 報 告 ≫
今日は、久々のハイキングだ。朝方、筑豊に所用があって来たので、そのまま添田町を通って英彦山に向かう。英彦山の山頂に立つのは何十年ぶりだろう。35年くらいかな?
天気は快晴。別所駐車場に車を止める。ここで、準備をして銅の鳥居から真直ぐ山頂に伸びる登山道に向かって南に向かう。すぐに、石段の登山道に出会う。ここには、ケーブルカーのようなスロープカー(後で調べたら、構造種別はエレベーターに分類、駆動方式は歯車のラック&ピニオンで自走だそうです)がある。最近(1995年)作られたようで、よそでは見たことが無いものだ。石段を少し登ると奉幣殿に到着。
ここから、本格的な登山道となる。ひたすら真直ぐ杉林の中の急登を登る。途中、幼稚園児らの団体さんを追い抜く。
そこそこ速いペースで進む。木々も少し色づいてきているようだ。
【山頂付近では紅葉が始まる】
クリックすると元のサイズで表示します

およそ1時間で中岳の上宮に到着。北側の広場に下りると、クライマーEさんら本体の仲間が出迎えてくれた。
【山頂にて集合写真】
クリックすると元のサイズで表示します

ここで、しばし休憩の後、全員で南岳に向かう。南岳山頂であれやこれや山座同定をする。結構遠くまで望めるもはっきりしないピークも多い。
南岳からは周回ルートをとろうということで鬼杉に向けて降りる。結構急な下り坂だ。途中で少しアクシデントもあったものの、材木石を通り、無事鬼杉に到着。ここで、昼食。鬼杉を見上げながらゆっくりと各人思い思いの昼食とする。
【鬼杉を見上げる】
クリックすると元のサイズで表示します

これから、大南神社、玉屋神社を通って奉幣殿に到着。このトラバースはアップダウンがあり結構なアルバイトを強いられた。
初めての縦走のキヨさんは平気な顔。これは、すごい「山や」になる予感。
ということで、英彦山の縦走は終了。その後、しゃくなげ荘でお湯に入り、それぞれ帰途に着いたのでした。紅葉はまだ、1ヶ月早かったかな?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ