2006/3/22

比叡山III峰「ハングの果てに見た夢は」  岩登り

<山行報告>
比叡山III峰登攀「ハングの果てに見た夢は(右ルート)」

【日   時】2006年3月19日(日)
【メンバー】洲鎌猛雄、松井清明
≪コースタイム≫     
  取付点(9:30)===4ピッチ目終了点(12:10)===終了点(13:00/13:10)――下降―-取付点(13:30)
≪ 報 告 ≫
 今年初めての比叡山に出かけることにした。昨年もちょうど同じ日程で登っている。今回の相棒は洲鎌さん、心強い。
 しかし、朝から雨模様。金曜日に西都山岳会の阿万会長に電話したところ「午前中はなんとか登れるのでは」との言葉を信じたものの、今日はほぼ絶望かも。とにかく、待ち合わせ場所のIII峰下の水場に向けて車を走らせる。高森を過ぎた辺りでやはり無理と判断し洲鎌さんにTEL。今日は高千穂で買出しをして「麓屋」にて沈殿と決めた。いつものスーパー「アズーロ」で買物をして11時頃には麓屋に到着。雨に煙るIII峰を眺め明日の天気の回復を願った。コタツの中でのんびりすごし、夕食の準備をしていたら阿万さんが来られた。阿万さんは「庵」に行かれるとのことでちょっとさびしいなと思っていたら、賑やかなピナクルの若手軍団7名が到着。4月から東京に転勤(帰る)になるモッチーの送別会ということで宴会は盛り上がった。「麓屋」の宿帳を見ると、2年前の5月、モッチーにとっての初のマルチがスタートしたのもここ麓屋からだった。
 明けて、日曜日は晴天、だが風が強く結構寒い。雨具をウインドブレーカー代わりにしてルートに臨むこととした。敗退はなかろうと10.5mmのシングルロープ一本とする。リードは空身とし出来るだけ負担を避けた。岩場のところどころにミツバつつじが咲いており気持ちが良い。
【ルート概要】
1ピッチ;40m、5.11−;「天空への階段」と同一ポイントから左斜上へ、後厳しいスラブの直上。
2ピッチ;50m、5.11−;極小ホールドを拾ってのスラブの直上。50mロープ一杯。
3ピッチ;35m、5.9;更に直上。
4ピッチ;20m、5.11;ハングを右側から豪快に越える。フリーのショートルートなら5.11aくらいか?(浮石注意)
5ピッチ;30m、5.11;オフウイドズからトラバース、クラックも。
6ピッチ;25m、5.8 ;やさしい

【内容】
 1ピッチ目;洲鎌リード
気合を入れてスラブを左上。途中濡れているところがあり、この辺りから目一杯厳しくなる。ホールドは極小、立ち込みも微妙、やはりA0になってしまう。セカンドももちろんA0だ。
 2ピッチ目;松井リード
1ピッチ目とほぼ同じようなスラブの直上だ。核心部はやはりA0に、スラブとしては極限に近いのでは?ショートルートの「サメハダスラブ(5.11)」をきっちり登れるようでなければ無理かも・・・50m一杯伸ばして立ち木の奥の終了点にてビレイ。ルート上の支点はほぼRCCボルトだ。
 3ピッチ目;洲鎌リード
若干やさしくなるとはいえVI級のスラブであることには違いない。やがて核心部のハング下にてビレイ。
 4ピッチ目;松井リード
ここからの2ピッチ目が本日の核心だ。まずはハングの根元まで直上しここから右へトラバース気味にハングを越える。何故かここでスリップしてテンション。気を取り直して再度トライ。ハングを越える前に立ちこもうとした足元の岩が浮いている、これには十分注意が必要だ。ハングを越えたところにA0用の支点がうまいところに設置してある。フリーでのやる気をそぐように誘われ思わず使ってしまった。ハングを越えたらすぐに終了点。ここは、不安定なポイントだがロープの流れからここで切ったほうが良さそう。
 5ピッチ目;洲鎌リード
オフウイドスというかスクイズチムニーというか大きなクラックを直上し左に越える。更に左にトラバース後クラックを直上。ここで洲鎌は初めてカムを使った。このピッチもやはりA0に。
 6ピッチ目;松井リード
時間的には順調に進んできたが、いよいよ最終ピッチ。ここは始めの段違いを越えるところで若干悩んだが一番やさしかった。着実に終了点に到着。「白亜スラブ」ルートの終了点と同じところだ。結局「天空への階段」ルートと「白亜スラブ」ルートを斜めに繋いだことになった。
終了点で洲鎌を向かえてクライミングを終了。厳しいが充実したルートだった。
下りは、西都山岳会の阿万さんに教えられたように右手に取った。1回だけ懸垂があるものの支点のカラビナも設置してあり、わかりやすいルートだ。ルンゼを下ると水場のすぐ右手に降り立つことができた。これは最短ルートだ。
今回のルートは、残念ながらA0の多用となってしまったが比叡山の数多いルートの中でも秀逸なルートであるように思える。もっと鍛えて、スムーズにフリーで登れるようになりたいものだと思った。
パートナーの洲鎌さん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/3/25  23:36

投稿者:キーボウ

洲鎌さん こんばんは

アケボノツツジの頃の鉾岳は良いですよ。是非、行きましょう!行縢については僕もまだ行ったことがないので・・・
5月の連休は何処に行きましょうか?

2006/3/24  22:31

投稿者:洲鎌

どうもお世話になりました。
また今度鉾岳か行縢山なども行きましょう。

http://www.geocities.jp/inspirepeak/

2006/3/23  22:59

投稿者:キーボウ

CJNさん こんばんは
コメントありがとうございます。
赤川浦岳あたりもミツバツツジが良さそうですね。
矢筈からの比叡山も見ごたえありですね。
では、

2006/3/23  12:01

投稿者:CJN

こんにちは キーボウ
19日は風はありましたが、良いお天気でしたね。私は双石山に行きました。26日はなんとか赤川浦岳辺りにリベンジをとおもっていますが・・・。近場になるかもです。あの辺りでは矢筈岳や釣鐘山には行ってみたいところです。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ