試作Z号!

新ブログへ移転しました。
詳しくはトップ記事「*ご連絡*」を
ご覧下さい。

 
visitor stats

フルブラウザ等で読みづらい場合はこちらの並行ブログ(Yahoo!ブログ)からご覧下さい。内容は同じです。

過去ログ

マスコット類







このブログに

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:竿山竿師
弦の太さは書いてあるからそれで判断すれば周りの英語は読まなくて良良いんですよー

他の太さも書いてあるパッケージなら大抵正面にある
1弦と6弦の太さ&パック名(ライトとかレギュラーとかヘヴィボトムなどなど)
で合わせれば簡単に解りますよ
大抵弾いてる人で最も多いのはは10〜46か9〜42くらいです

ちなみに弦の太さも合ってないと後々痛い目見ますよ
ナットの太さより細いの張る→フィットしない部分に張力が掛からずフィットしてる部分ばかり掛かる→巻弦の部分でビビリがorz

逆に太いの張る→入った所でその太さまで広がってしまい細いのが入れるとビビるorz

一回で鳴るとは限りませんが可能性はデカいのでちゃんと今張ってる太さで買いましょう

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最新の記事

珍品奇品堂

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ