試作Z号!

新ブログへ移転しました。
詳しくはトップ記事「*ご連絡*」を
ご覧下さい。

 
visitor stats

フルブラウザ等で読みづらい場合はこちらの並行ブログ(Yahoo!ブログ)からご覧下さい。内容は同じです。

過去ログ

マスコット類







このブログに

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:竿山竿師
○中古ギター選びのコツ
※わからない用語あったらゴメンナサイm(__)m

○フレットの磨り減り具合を見る
試奏させてもらい押さえて音が出るかどうかを確認
局所的に磨り減り過ぎてると音がビビる
ビビる=ビーンとかビリビリって感じに音が伸びない状態

○ナット確認
音がビビるくらい広がってたり
広がる原因=チョーキング、ビブラートのやりすぎ

酷いのはナットが欠けてて機能がやばくても中古品として扱う店も有ります
※フロイドローズ系の金属ナットや特殊な金属ナットの場合は判別しづらい・・・

○ブリッジ部分も錆が有る場合音の妨げになって無いかチェック

○ジャック部分、ちゃんとシールド挿してがっちり入るか、配線劣化または錆によるガリ、ノイズなどが無いかチェック

などですね
実も蓋もなくて申し訳ないんですけど・・・

要は当たり前の機能が当たり前に機能して音が出るまでの邪魔が無いかを見極めるのがコツなんですよね・・・
だからネックの傷=演奏の妨げになるようなら要チェック

○ボディの綺麗さもこだわりたいならしっかりしましょう
ボディの綺麗さ一つで値切る人も存在するくらいですから!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最新の記事

珍品奇品堂

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ