2010/10/24

脇役も現行仕様に…Vol.2  模型

JR西日本のアーバンネットワークの“縁の下の力持ち”、207系1000番台。'05年に321系に合わせた塗装に衣替えして現在も活躍中です。
TOMIXから現行塗装車が発売されていますが、ここで紹介するのは旧塗装車の製品を加工したものです。以前から何回かに分けて現在の姿に仕立てるべく加工してきましたが、今回が総集編となります。加工といってもパーツ交換や表示貼り付けといった簡単なものですが…。

クリックすると元のサイズで表示します
↑製品に見えたら…シメシメ(笑)

以前紹介した記事では動力車のモハ207-1000のみに交換していたヨーダンパー付台車(373系用)。今回はそれ以外の車両も台車を交換してヨーダンパー付を再現しました。373系用の台車枠が発売されたためで、厳密には実車や現行製品と台車形式が異なりますが、雰囲気は出せたと思います。
強化型スカート化は床板を交換することで対処しました。実をいうと…不注意で破損させてしまいまして…(汗)、名古屋のGMストアで床板が売られていたのでそれを利用しました。
さらに今回はペンギンモデルのステッカーを使って行先・種別表示を貼りました。前面表示はパーツの印刷をうすめ液で消してからステッカーを貼っています。ちなみに行先・種別は「普通(黄帯)/新三田」に設定しています。

既に現行製品が発売されていますが、製品化される以前から数回に分けて加工を進めてきただけに愛着もひとしおです…。行先・種別表示のステッカー貼付は旧製品・現行製品のどちらにも応用できますから、207系1000番台をお持ちの方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

2



2010/11/1  19:25

投稿者:ひかり183号

>EF66さん
こんばんは。

ここ最近は新品で車両を購入する機会も少なく、否が応でも既存車両の小加工に目がいくんですよね…。「何かしら人と違う車両にしたい」という気持ちがそうさせるのかも…。“製品に見えたらシメシメ”なんて書きましたが、そう感じてくれたならこちらとしてもうれしい限りです…。
黄色アンダーの幕については今回はペンギンモデルのステッカーを使いましたが、電通車両製造のステッカーでも十分イケますので(ていうか、EF66さんの居住地域を考えると電通のほうが入手しやすいのでは?!)ぜひとも装備させてあげてください。

>>パーツ代を計算するとセットを買ったほうが得
どこまで加工を施してどこで妥協点を見出すかがカギになるかもしれませんね…とことん極めようとするとどうしてもそれだけの投資は必要になりますし、自分の技術力とも相談しなきゃいけないし…かといって製品のままではつまらない…う〜ん、ある意味永遠の課題といえるかも。そう考えるとEF66さんが施された221系の前面表示点灯化は私から見ると「すごい!!」の一言に尽きます。

2010/10/31  1:02

投稿者:EF66

こんばんは〜。
既存車両の整備が進んでいますね。
先に写真が目に入ってきたので暫く「製品」かと!
黄色アンダーの幕は私も好きで、ぜひ装備させたいと思っているところです。
現行の207系用台車は集電板や車輪もついて来るので高価ですよね。
それを買おうと思ったんですが、
手持ちの旧製品は動力やパンタも交換しなければいけなくて、パーツ代を計算するとセットを買った方が得という結果になりましたね。


http://blog.livedoor.jp/tetsu9mmline/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ