2010/7/29

マイクロエース 12系お座敷客車「ナコ座」  模型

1983(昭和58)年に登場した12系お座敷客車「ナコ座」。オリジナルの12系客車と同様の塗装をしながらも編成両端の車両には展望デッキが設置されているのが特徴で、JR東海に引き継がれてからも「ユーロライナー」と共に活躍しましたが、1999(平成11)年に引退しました。(ちなみにユーロライナーは2005年に引退)
マイクロエースから「江戸」や「カヌ座+サロン佐渡」と一緒に製品化されたこの「ナコ座」を先々週購入してきました。

クリックすると元のサイズで表示します
展望デッキが特徴的なスロフ12-916(写真左)とスロフ12-915(同右)。
銀河モデルのパーツを使って、晩年は標準装備だった反射式後部標識を取り付けました。
お座敷客車特有の障子を再現してみるのもいいかもしれないですねぇ…。

クリックすると元のサイズで表示します
TOMIXのEF65-112号機ユーロライナーカラーに牽引させてみました。
機関車の前面がピンボケしているのはご容赦くださいませ(笑)。

JR東海では1992年頃から床下グレー化が行われており、2枚目の写真のような組み合わせも実現していたかと思いますが…「ナコ座」に床下グレーの時代があったかどうかは定かではないため、細かいツッコミはなしということで…(汗)。

実はペアーハンズのナコ座改造パーツセットと種車のKATO製12系客車があるんですが、製品が出た以上今更欲しい人なんていないですよねぇ…!?
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ