2009/3/28

485系スーパー雷鳥をリメイクするG  模型

スーパー雷鳥リメイクもいよいよ最大の山場、塗装工程に入りました。
これがバッチリ決まればゴールにグッと近づくといっても過言ではないでしょう…。

クリックすると元のサイズで表示します
ボディの塗装を終えたクロ481-2000とクモハ485-200
ピンク帯と青帯は細いだけに、マスキングにかなり時間を要しました。

今回エアブラシを本格的に使用しましたが、缶スプレー塗装では得られない塗膜の薄さにあらためて感動しました。使用後の手入れは大変ですが費用対効果は高いと思うので、導入されていない方にはぜひともオススメしたいです。

とはいえ、まだあと10両あるんだよなぁ…。
0



2009/3/29  21:23

投稿者:ひかり183号

>JR浜松さん
コメントありがとうございます。
ピンク帯・青帯ともマスキングに約3時間費やしました…疲れました(汗)。
>>10両!頑張って下さい
正確にはこの写真の車両を含めて12両あります!(詳しくは下記のEF66さんへのコメントを参照)マスキングは既に終わっていてあとはアイボリーを塗るだけになりましたが…なんせ両数が両数だけに…まぁ焦らず地道に頑張ります。

>EF66さん
青帯は自分のイメージ通りの色味が出せたので満足しています。が、マスキングは…自分ではまだまだだなと感じています…。まぁこればっかりは経験を積むしかないですね…。
お察しの通り、7+3分割編成と10両貫通編成の両方を再現できるように制作しています。

2009/3/29  15:52

投稿者:EF66

こんばんは。
先に2両完成されたんですね。
色味もマスキングも驚くほどバッチリですね!
最高10連なのに12両製作というのは3+7と10連貫通を再現するためでしょうか?


http://blog.livedoor.jp/tetsu9mmline/

2009/3/29  8:17

投稿者:JR浜松

管理人さん

おはようございます。
凄いですね☆
あの細いラインをここまで綺麗に塗装するとは。
10両!頑張って下さい。
完成が楽しみです♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ