全線完乗と乗り歩きの旅

2007年8月31日に日本の鉄道全線走破を達成しました。目下、タイトル防衛中です。現在は線路戸籍上は完乗している連絡線や短絡線にも目を向けています。また、鉄道以外のバス、航空機などの乗り歩き旅も楽しんでいます。

 
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ このブログは親ページである鉄道のページの画像版として使っています。紀行記の詳細は「鉄道のページ」でご覧ください。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:railway
バス乗車券を料金箱に入れずに記念に持ち帰ることはまず無理ですね(経験則)。どうするかというと、案内所があればそこで領収書をもらう。案内所がなければ運転手から領収書をもらう。運転手は領収書用紙を携行して乗務しています。京成バスなどの大手では、料金箱に領収書発行機能が付いており、印字されたものが瞬時に手交されます(東京空港交通のバスには領収書発行機能がないのが多く、手書きです)。
 羽田空港のバス案内所では大きなきっぷが発券され、ミシン目が入っていて、手元には行き先や時刻が印字されたものが残ります。これが一番記念品らしいですね。
 前売りですが、ためしに「発車オーライネット」で予約して事前引取りに出向いてみたら?
投稿者:quappa
 変換ミス。 発効は「発行」です。

http://quappa.at.webry.info/
投稿者:quappa
 このような領主書を発効してもらえるとイイですね。
 最寄り駅から空港へのリムジンバス。普通に乗車すれば、現金を運賃箱に入れておしまいです。案内所で乗車券を購入しても、それを持ち帰ることは可能なのかなぁ? 運転手は、無効印を持っていないでしょうね。
 そんなとき、案内所で領収書をもらっておくと、記念(証拠)になりますね。
 話は変わりますが、翌早朝に小銭を用意するのも面倒なので、前日に購入を申し出ました。当日券を発効しているので、翌日分も大丈夫かと想像しましたが、断られました。

http://quappa.at.webry.info/

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ