全線完乗と乗り歩きの旅

2007年8月31日に日本の鉄道全線走破を達成しました。目下、タイトル防衛中です。現在は線路戸籍上は完乗している連絡線や短絡線にも目を向けています。また、鉄道以外のバス、航空機などの乗り歩き旅も楽しんでいます。

 
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ このブログは親ページである鉄道のページの画像版として使っています。紀行記の詳細は「鉄道のページ」でご覧ください。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:railway
本日手にいれたJRの「振替乗車票」を一つ上にアップしておきます。相変わらず、磁気化されていません。そして、乗換駅の有人改札口をすり抜けて!?どこまでも乗れます。早く磁気化した上で、他社乗継の場合でも複数枚の振替乗車票を必要とせず、どういうルートで乗車したのか、事後の会社間の精算を楽にしたシステムができないものかと思います。


http://air.ap.teacup.com/railroad/378.html
投稿者:quappa
 小湊バスの遅延証明書、もう50年も前の話です。高校生は「遅刻証明書」と発声していたと記憶しています。

 振替乗車票の磁気券化となると、さまざまなルート・駅を対象とすることとなるでしょうね。その情報を乗客に合わせて磁気化するのは、大変そうです。とすると、どんな行き先にも対応できるようにルート・駅とも「無限定」にするのが、手っ取り早いのでしょうか。
 昔、無限定の精算券を悪用した事件があったように覚えていますが、…。
投稿者:railway
国鉄時代は個々の乗客へ手交する「遅延証明書」なるものはありませんでした。テレフォンサービスでテープが流れるだけのものでした。バスの「遅延証明書」は極めて珍しい例で、小湊鉄道バスでやっていたとすれば、ファン垂唾のものと思います。振替乗車票は各社とも裏が白色のもので、それを自動改札機に投入する乗客が後を絶たず、磁気券化が課題と思います。


http://air.ap.teacup.com/railroad/
投稿者:quappa
JRでも駅員が執務室から出て対応しているのですか! そういえば昨年10月初旬の台風の際、振り替え乗車券を駅員が改札機前で配っていたのを思いましました。

 証明書、昔はなかったのですか? 小湊バスは、五井駅構内にあった定期券売り場で、発行していました。遅れ時分の記載があったかは「記憶にございません」です。

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ