Pucca WebLog 1st

ミニジーラ・ミニッツモンスター

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Pucca
みなさん半田の件には沢山コメントいただき、ほんとにありがとうございます。

HANAKUSOさんこんにちは〜
早速、練習しようと思って我が家に基盤が転がってないかな〜って探したんですけど、見つからないっす(^_^;)
しょうがない!次男愛用のエアロRCをバラして半田の練習台にしようかな。(笑)
HANAKUSOさんはミニジーラのコネクタを換えているんですね〜いいな〜羨ましいです。

いちごさんこんにちは〜
以前にいちごさんのblogで紹介されていたFET交換を参考にさせていただきま〜す!(^^)
しかし、いちごさんの半田は上手に出来てますね〜。
私もあれくらい上手に仕上げられたらいいんですけど・・・(^_^;)
FETの耐熱には十分注意したいと思います、とても参考になりますです。m(__)m

まあぼおさんこんにちは〜
まあぼおさんの「ハンダ付けの心得」
めちゃめちゃ参考になります!
こういう手順って素人には絶対解からない事なんです。
実際に作業されている方のアドバイスはほんとに助かりますです。
もし上手く完成できたらまたご報告します!
ありがとうございました。m(__)m

http://air.ap.teacup.com/pucca/
投稿者:まあぼお
こんばんは。
私は決してハンダ付けが上手な方ではないですが、
ハンダ付けの心得を書いてみます。

ポイントは「母材をあたためること」です。

実際の手順
1.母材にコテを当てる(約1秒)
2.糸ハンダを供給(約0.5秒)
3.糸ハンダを離してそのまま過熱(約1秒)
4.コテを離す。

こんな感じだと思います。
間違っていたら誰か指摘お願いします。

ハンダの除去についてはこの限りではありません。
puccaさんが購入されたセットの中に「ハンダ除去
用銅線」がありますね。これ結構便利ですよ〜。
銅線をしっかり過熱すればハンダが銅線にしみ込ん
できます。でもFETへの過熱はほどほどになるよう
がんばってください。
投稿者:いちご
ハンダGETおめでとうございます。
これってけっこう使う機会が多いと思います。
ワタクシはまだ上手に出来ませんが、どっこい重宝しています。
あと、老婆心ながらFETの耐熱は思いのほか低いので
冷やしながらの作業が良いです。
(ワタクシは10個中2個駄目にしました)

投稿者:HANAKUSO
こんばんは!半田セット買ったんですか〜!
FET交換よりコネクタ交換の方が簡単ですよ〜!
自分もミニジラのコネクタと14Gコードに換えました、劇的に変わる訳では無いんですが気持ち燃費とパワーが上がったようなきがします、あと見た目がハイエンドツーリングみたいでカッコイイです(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ