我が家の移動別荘 オルビス

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

拍手ランキング

1位 北東北5泊6日の旅
13拍手
2位 道の駅 上関海峡
1拍手
8/13〜8/20までのランキング結果です。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハラさん
かむぱぱ さんへ

有難う御座いました。
ホワイトハウスの人からそのような事を聞いた事があったような気がしてましたので・・・。
投稿者:かむぱぱ
違います。この追記の文面は読んだ人が勘違いしますね。最後に「標高2,000m越えの高地での使用に対応するタイプが登場しました。」←ここです。今付けてるAT2000STのソフト変更とオプションの高地用スイッチを付ければ2200mまで対応出来ると、勘違いする←だめです。AT2000STは販売終了になっておりEVO2000は中身はAT2000STですが、これがソフトウェアの最適化され、オプションの高地用スイッチを用いることにより、標高2,200mまで対応するようになります。すなわち新しくEVO2000とオプションの高地用スイッチを購入しないと2200mまで対応出来ません。
更に追記で修正したほうがいいですね。文面が一人歩きしてしまう
投稿者:ハラさん

かむぱぱさんへ

 FFヒーターのトップシェアメーカー“ベバスト”から、高低差の激しい日本の地形に対応すべく開発された、高地対応モデルが登場しました。
 軽キャンパーからキャブコンまで、車室長が5m程度のキャンピングカーに最適な“Air Top 2000 ST(エアトップ エボ 2000)”のアップグレード版で、従来品で標高1,500mまでの使用が可能だったものを、ソフトウェアの最適化と、オプションの高地用スイッチ(5,880円)を用いることにより、標高2,200mまで対応するようになります。

こんな記事が有りましたが、これは違うのですかね。
新しく、オプション品が出たのでは・・・。
投稿者:かむぱぱ
ハラさんのはホワイトハウスのエバスベッヒャー製のエアヒーターですよね。ベバストのFFヒーターは高地対応の部品交換はありません。本体をEVOシリーズに交換ですから。

投稿者:ハラさん
カム郎 さんへ

夏だとむやみやたらに変な所は歩けないですが、今はどこでも勝手にスノーシュウで歩けて気持ちいいですよ。
山の上ですが、美瑛の雪原と同じような感覚ですね。
投稿者:ハラさん
のんびりカメ さんへ

夜が、無事に過ごせてよかったです。
今日は青空で風もほとんどなく、最高のスノーシユウ日和でした。
片道1時間半ぐらい のんびりと歩いて2000mまで行って来ました。
投稿者:ハラさん
オジジ さんへ

外で遊んで寒いのは、大した事は有りませんがP泊中の寒いのは困ります。
高地だと運転しないのは、知ってたのですが忘れてました。
でも、何とか運転出来ましたね。
今日が、出来たから次も大丈夫だとは言えないので、改修しようかなって思ってます。
ここが、気に言ったのでまた来たくなったので・・。
投稿者:カム郎
ハラさんへ
・こんにちは。去年の北の大地のようですね。
投稿者:のんびりカメ
晴れていて絶好のスノーシュー日和ですね!
エアコン・発電機が無事動いていて良かったですね。


http://nonbirikamesan.blog17.fc2.com/
投稿者:オジジ
寒いのは冬の北海道を走破されていましたから安心ですが、気圧が低いとFFヒーターはダメなんですか
エアコンもヒートポンプなので外気温が低いと熱を採れなくなりますからね

http://blogs.yahoo.co.jp/takakazu115
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ