我が家の移動別荘 オルビス

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

拍手ランキング

1位 2台のオルビスとスワローがやって来ました。
1拍手
11/5〜11/12までのランキング結果です。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハラさん
みのり さんへ

こちらこそ、御無沙汰です。
今は、次回のプチ家出の為に軍資金稼ぎのバイト
頑張ってます。
いつまで、元気に遊べるか試してます。
投稿者:みのり
ご無沙汰しています。
今は何処ですか?
毎日楽しんでいますね
投稿者:ハラさん
ノマコ さんへ

パックラフト 確かに出来ると思いますが、まずはどこかでパックラフトのツアーか何かに参加して体験してみてからの方が良いと思われます。

自転車、あると何かと楽ですよ。キャンカーで入って行きにくい所とか、自転車で探索がいいかもです。
なるべく、軽い自転車買った方がいいですよ。
載せるの大変かも知れないので・・。
投稿者:ノマコ
わー、パックラフトすごい、コンパクト!!これなら私にもできそうだわ。
そして秩父にも行ってみたい!!
自転車もいいなー。やっぱり積んでると便利そうすよね〜。
いいないいな♪
投稿者:ハラさん
Alcedo さんへ

旧二股の瀬 写真で見ましたが小滝の瀬より凄いかもですね。
ダッキーだと、大きいから横向き程度ですむのでしょうがパックラフトは、小さくて軽いのではじかれると、簡単に逆向きになります。
理屈では、パドルで一生懸命こぐと大丈夫なのかも知れませんが・・・。

パックラフト、両サイドが狭いのである程度膝で本体は押さえる事は出来ます。
ロールは、絶対に出来ないような気がします。
Youtubeでいろんな動画を見ましたがみんな普通に転覆してるだけです。
リバーカヤックと違って、風船ですから無理でしょう。
投稿者:Alcedo
水量が多い時の旧二股の瀬なんて、考えたくも無いですからね〜(笑)
サイストラップはシットオンタイプのカヤックで、ヒザを安定させるために付けるストラップです。パックラフトでロールをやれるかどうか知りませんが、やるとしたら絶対に必要な物です。
投稿者:ハラさん
Alcedo さんへ
パックラフト 確かに簡単に2回ほど逆向きになりましたね。
しかし、沈はしないで持ちこたえてくれます。
私も、樋口まで行く予定だったのですが、長瀞をよく知ってられる方が、この水量だと一歩間違うと危ない目に合うから、手前でやめた方がいいですよと言われ、素直にやめました。
サイストラップって、何ですか?

パックラフト 軽さは最高ですね。
投稿者:Alcedo
ひゃぁ〜〜、ですね。僕が下った時よりも水量が多いみたいだから、さぞや疲れたでしょう。
僕も船着場でやめとけば良かったのに、欲をかいて樋口まで下ったので、最後の最後で横転・沈脱でしたよ。

しかし、パックラフトは安定してますね。直進性が悪いから必死で漕がないとクルクル回っちゃいそうなところが、難点といえば難点だけど。
パックラフトにはサイストラップって付けられるんですか?
投稿者:ハラさん
okita さんへ

YouTube 見させてもらいました。
長瀞、今まで川に特別興味がない時期に行った事は、今回で好きになりましたよ。
YouTubeを見て、かなり水量が少なくて岩がいっぱい出てるような気がしましたが、?トンぐらいだったのでしょう。
反対に、怖いような気がしますけどね。

でも、お子さんは幸せですよね。
小さい頃から、こんな周りではあまりやってないスポーツが出来るなんて・・・。
ドローンも飛ばしたかったのですが、あまりに観客が多いので遠慮してしまいました。
ぜひ、自分もカヤック楽しんで下さい。

投稿者:ハラさん
Sora さんへ
山登りやってて、転落とかと危険性はいっしょぐらいではないかと思ってますが・・。
パックラフティングとは、アラスカで生まれた簡単にパッキング出来る小さくて軽い空気で膨らますカヤックです。
山に登って、下る時は山からの源流に乗って下って来るとかの遊び道具だったみたいですよ。

今まで、キャンカーで山の中を走ってて、綺麗な清流を見つけても、キャンカーを停める場所がなくて近寄れない所がいっぱいでした。
これだと、キャンカーは遠くに停めてても、自分で担いで自転車、または徒歩で目的地にたどり着く事が出来ます。
遊びの巾が、格段に広がるのです。
今回のように、駅まで10分ぐらい歩いてもまるで苦になりません。
それが、やりたくて2か月前ぐらいに、購入して先日は、静流の本栖湖で試し、今回は激流での使い加減を試したのです。
後、海での使い勝手もそのうちに・・・。
これは、重さ3キロちょっとです。
3キロを切る品物も有りますよ。
山のお供に、いいのでは・・・。
水遊び道具は、他には8年ぐらい前に買ったアルミパイプ組み立てのファルト、2年ぐらい前に買った空気を入れて膨らます激流対応のダッキーですかね。
秋には、ダッキーとパックラフト持参で紀伊半島の山中で1か月ぐらい水遊びを楽しみに行く予定ですよ。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ