タクシー求人情報はこちら

★不動産営業マンを信じるな【 首都圏不動産インサイドニュース 】

  | 投稿者: 知恵梟

「勝てる投資家」を目指して!
===========================
 株式会社コン・パス 村上
 ☆首都圏不動産インサイドニュース
===========================


村上です。

リーマンショックや
ITバブルが弾けた時も
そうでしたが、

今回の
コロナウィルス感染拡大
においても、

自分自身は関係ないと
他人事のように捉える人
が、少なからず
いたような気がします。

これだけ
感染死亡者数が増え
世界経済が混乱を極め、

各国は失業者が溢れて
多くの人が大変な目に
遭っているにも関わらず、

そういった人たちは
あくまで、

別に収入は減ってないし
自分には関係ないよね?
というスタンスです。

しかし、たとえ
収入が減っていないにしても
多くの企業が業績を下げている
状況で、果たして

自分だけは大丈夫
などと、
言い切れるのでしょうか?

業績が低迷している中で、
能力の低い人材は不要とされ
ある日突然仕事をクビになる
可能性だってあるのです。

そんな人を見るとつい、
これからの社会情勢、
そして、自分の人生を
甘く見ているのでは?

そんな印象を持ってしまいます。

もちろん、投資も
例外じゃありません。

実は、不動産で失敗した人たち
と話をすると、
失敗を自分事として
捉えていない事が多いんです。

投資上の失敗を

・業者が悪い
・銀行が悪い
・市場が良くない

などと、
他者のせいにするんですね。

そうじゃなく、

自分で決めて
自分で行動したのだから
責任は自分にある

という覚悟を持たないと
投資で勝ち残ることなど
最初から無理ですよ。

不動産投資で
失敗したとき、
誰も守ってはくれる人はいません。

空室が長期化しても
困るのはオーナーだけですし、

ローンの返済に苦しんでも、
銀行は同情などしません。

自分の力だけで
メシを食っていく

自分の行動によって
利益を生み出す

これが、他者に
一切頼れない投資の世界で、
生き延びていくために
大切なマインド。

不動産投資家は
消費者ではなく、
事業者です。

そのことを決して、
忘れないでください。

-----------
業者とどう付き合えばいい?
-----------

さて、本題です。

業者の提示する
甘いシミュレーションを信じて
儲からない物件を買ってしまった。

そんな話、この業界では
よくありますよね?

それがもし自分だったら、

投資家を手玉に取って
儲からない物件を売った
あの業者が憎い!
と、言いたくなるでしょう。

でも、それって本当に
業者が悪いのでしょうか?

そうじゃないですよね?

業者は騙す気などなく
単に物件を売りたかっただけ。

そこに
投資家が乗っかった結果、
儲からなかったという話なのです。

では、業者と投資家が、
お互いに満足し合い、
いいビジネスを継続するには
どうしたらいいのか?

今日はこの点について、
考えてみたいと思います・・・

メルマガの続きはコチラ
⇒https://bit.ly/2Yv4Fzk



°+\Casegood-カセグ-/+°
https://bit.ly/2ZtvncG
 まずはおためし14日間無料♪
≪不動産投資オンラインスクール≫
★入会キャンペーン実施中★

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎首都圏不動産インサイドニュース
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0001674020.html?l=lnv16936a5
タグ: 転職 就職 相談



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ